もみじの本屋 ●共著/その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『秘密。 私と私のあいだの十二話』

秘密。『秘密。 私と私のあいだの十二話』 (メディアファクトリー)
編:ダ・ヴィンチ編集部
著:著:森絵都、小川洋子、北村薫、伊坂幸太郎(他)

レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編12編。
(中略)
出来事や出会いが立場の違い、状況の違いでどう受けとめられるのか、言葉と言葉の裏にあるものが描かれた不思議な一冊。(裏表紙より)

A、B合わせて7,8ページ、一方だけだと3,4ページと、一般的な短編よりもずっと短く、気軽に読むことができる。そしてこの短いページ数の中でもしっかりと12人の作家の色が見られる。

それぞれの作品についてじっくり書きたいところだが、短いだけにすぐにネタばれしてしまいそうなので、気に入ったものの中のいくつかについて一言だけ書かせてもらうことにする。

森絵都の作品はバーで会う男女のやりとりとその背景にシンプルにうまいと思わせられた。
亡くなった伯母に対する甥の心情が伝わってくようだった小川洋子の作品には、彼女らしい静けさ穏やかさ漂っていた。
堀江敏幸の作品は、黒電話という物そのものに懐かしさを感じながらも、さらにその文章に郷愁を誘われじわりじわりと染入ってくるものがあった。

それぞれの話の前にはモノクロームの写真が一枚ついており、それがまた静かにその一編を物語っていていい。お気に入りは「別荘地の犬」で使われている水入れ?と滑り台の犬の2枚と「怪奇毒吐き女」で使われている右端に制服がすこし見えている1枚。なんだかすごく引きつけられてしまった。

また作家のサインが載っているのもおもしろい。この人はこういうサインをするのかとか、こんな字をかくのか、なんて思いながら眺めていると、なんだか著者がすこしだけ身近に感じられてくる。


(収録作品)
「ご不在票―OUT-SIDE―」/「ご不在票―IN-SIDE―」 吉田修一
「彼女の彼の特別な日」/「彼の彼女の特別な日」 森絵都
「ニラタマA」/「ニラタマB」 佐藤正午
「震度四の秘密――男」/「震度四の秘密――女」 有栖川有栖
「電話アーティストの甥」/「電話アーティストの恋人」 小川洋子
「別荘地の犬 A-side」/「別荘地の犬 B-side」 篠田節子
「< ユキ >」/「< ヒロコ >」 唯川恵
「黒電話――A」/「黒電話――B」 堀江敏幸
「百合子姫」/「怪奇毒吐き女」 北村薫
「ライフ システムエンジニア編」/「ライフ ミッドフィルダー編」 伊坂幸太郎
「お江戸に咲いた灼熱の花」/「ダーリンは演技派」 三浦しをん
「監視者/私」/「被監視者/僕」 阿部和重


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
君へ。『君へ。 つたえたい気持ち三十七話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:北方謙三、田口ランディ、石田衣良、川上弘美(他)

ありがと。『ありがと。 あのころの宝もの十二話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
狗飼恭子、加納朋子、三浦しをん(他)
→ レビュー


嘘つき。『嘘つき。 やさしい嘘十話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:西加奈子、豊島ミホ、井上荒野(他)
スポンサーサイト




●共著/その他 トラックバック:1 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『ありがと。 あのころの宝もの十二話』

ありがと。『ありがと。 あのころの宝もの十二話』 (メディアファクトリー)
編:ダ・ヴィンチ編集部
著:狗飼恭子、加納朋子、三浦しをん(他)

大人の女性に向けた本だろうか。
不倫だとか離婚だとか意外と重たいテーマの作品も多かった。
もちろん個性的な作家が集まっているので、内容は12話すべてまったく違ったものであるし、短編とはいえどの作品も30ページほどあるので、読み応えもある。

加納朋子の作品が収録されているということ気になっていた。そして狗飼恭子、三浦しをんの作品も一度読んでみたかったので購入。読んでみると、「賢者のオークション」、「窓の下には」、「光の毛布」、「届いた絵本」などにも興味をひかれた。
あと、この本の12話目に輪廻転生をあつかう「プリビアス・ライフ」をもってきているところになんとなく編集のうまさを感じる。

読みたかった「モノレールねこ」であるが、おもしろかった。
小学生のサトルの家に不細工なデブのねこがやってきた。そのねこを嫌がっている母にはだまって、サトルはときどき餌をやっていた。
あるとき、そのデブねこは赤い首輪をつけていた。サトルはそこに「このねこのなまえはなんですか?」という手紙をはさむ。そして、となりの校区の小学校に通うタカキとの文通がはじまった。
加納朋子の本を何冊か読んでるものとして実は最後の展開が読めてしまったのだけど、でもだからこそ加納朋子らしさのにじみ出ている一話だと思う。

もう一つ「届いた絵本」についても書かせてもらおう。
高校教師の母、イラストレーターの父、その二人の子どもである志織。両親が別居することでうまくいっている家庭。母と暮らしながらも、その現実を冷静に見つめる志織は実は両親以上に大人なのかもしれない。
そんな志織が大切にしていた、宝物だった絵本は家を出て行く前に父がくれたもの。しかし、その本は母に燃やされてしまった。
タイトルからもわかるとおり、そんな志織のもとに一冊の絵本が届くのだが‥。
絵本の内容に対しての小さいころの志織の思い、新たに届いた絵本に向けての志織の思いに、思わずほろりとさせられる。

12人の中に気になる作家さんがいる、いろんな作家さんの作品が読みたい、新しい作家さんを発掘したい、そんな人にはおすすめの一冊である。

(収録作品)
「町が雪白に覆われたなら」 狗飼恭子
「モノレールねこ」 加納朋子
「賢者のオークション」 久美沙織
「窓の下には」 近藤史恵
「ルージュ」 島村洋子
「シンメトリーライフ」 中上紀
「光の毛布」 中山可穂
「アメリカを連れて」 藤野千夜
「愛は、ダイヤモンドじゃない。」 前川麻子
「骨片」 三浦しをん
「届いた絵本」 光原百合
「プリビアス・ライフ」 横森理香


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
君へ。『君へ。 つたえたい気持ち三十七話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:北方謙三、田口ランディ、石田衣良、川上弘美(他)

秘密。『秘密。 私と私のあいだの十二話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:森絵都、小川洋子、北村薫、伊坂幸太郎(他)


嘘つき。『嘘つき。 やさしい嘘十話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:西加奈子、豊島ミホ、井上荒野(他)




●共著/その他 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『活!』

活!『活!』 (角川文庫)
著:群ようこ(本文)、もたいまさこ(写真文)

群ようこともたいまさこの二人組が、さまざまなことに挑戦していく。
スキーに保母さん、そば打ち、さらには顔マネに草野球。
体験中の写真や、群ようこの文章がまたおもしろい。
二人の個性的なキャラが全面にでていて、おもわず吹きだしてしまう。
そしてそんな二人の姿がかわいらしい。

もたいまさこの思い切りバットを振ったりお馬さんをしている写真、群ようこによる田村亮子やもたいまさこの顔マネ、女優もたいまさこや作家群ようこの知られざる一面を垣間見ることができる。

「リフレクソロジー」、「中国茶道」で登場する体育会系のエステティシャン、ミッシェル松山がまた強烈。
「わいがミッシェル松山じゃー」という怒濤のパワーに押されまくるも群ようことたいまさこも必見。

シンプルに笑えて元気になれる、そんなエッセイである。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る




●共著/その他 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

『ミステリア』

ミステリア『ミステリア』 (詳伝社文庫)
編:結城信孝
著:篠田節子、新津きよみ、加納朋子(他)

加納朋子の「牢の家のアリス」は『虹の家のアリス』に収められており、既読であった。
ほかにも篠田節子の「水球」は『家鳴り』、『青らむ空のうつろななかに』に収録されているようであるし、書き下ろしでないという意味であれば、多くがそうであった。
しかし、「牢の家のアリス」以外は、はじめて読む作品ばかりだったので楽しめた。

とくに目をひいたのは明野照葉の「増殖」という作品。
主人公の森山多枝子は、三十七歳であらたな生活をはじめる。
望んでいた場所に望んだような喫茶店をオープン、前途洋々である。
店をはじめてからしばらくした頃、そこにやってきた母娘。
常連客となった彼女たちは少しずつ、知り合いをつれてくるのだが・・

他にも、菅浩江の「鮮やかなあの色を」や皆川博子の「想ひ出すなよ」などもおもしろかった。
ときにはこういった本で、好きな作家をさがしてみるのもよいかもしれない。

少し不満があるとすれば、唯一の編者の声である「解説」のほとんどが作品の簡単なあらすじと書き手の紹介だということだ。
なぜこの作品を選んだのか、このような編集をしたのかといったところについてももう少し触れてほしかった。

(収録作品)
「水球」 篠田節子
「返しそびれて」 新津きよみ
「牢の家のアリス」 加納朋子
「ドールハウス」 牧村泉
「増殖」 明野照葉
「いちじくの花」 桐生典子
「あなたがいちばん欲しいもの」 近藤史恵
「メルヘン」 山岡都
「鮮やかなあの色を」 菅浩江
「想ひ出すなよ」 皆川博子


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
『緋迷宮』 編:結城信孝 (詳伝社文庫)
『蒼迷宮』 編:結城信孝 (詳伝社文庫)
『紅迷宮』 編:結城信孝 (詳伝社文庫)
『紫迷宮』 編:結城信孝 (詳伝社文庫)
翆迷宮『翆迷宮』
編:結城信孝 (詳伝社文庫)




●共著/その他 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

『世にも美しい数学入門』

世にも美しい数学入門『世にも美しい数学入門』 (ちくまプリマー新書)
著:藤原正彦、小川洋子

藤原正彦と小川洋子の対談を本にしたものである。対談なので新書としては少々軽めだが、読みやすい。
全体を通しては数学の美しさ、日本人の美意識、西洋とアジアの数学に対する見方などについていろいろな側面から述べられている。
本書は大きく2部で構成されているおり、「第1部 美しくなければ数学ではない」では、まず『博士の愛した数式』についての多少の言及がある。そして俳句と数学のについてなど、文化と数学のつながりといったことについて語られており、そういった側面から数学の美しさを見つめなおさせてくれる。ちなみにこの第1部は資生堂のトークショー「ワークフライデー」を元にしたものなのだそうだ。
「第2部 神様が隠している美しい秩序」では、多少の数式と、さまざまな数学者のエピソードなどをもとに実際にどのように数学が美しいのかということを少し見せてくれる。
第2部の数式は、基本的には高校数学までわかっていればそれなりに理解はできるが、面倒であれば読み飛ばしても差し支えない。数式は見るだけでも嫌という人にはその部分は気にせず読むことをオススメする。
この本を読んで多少なりとも中学や高校で教わる数学のイメージが変わるかもしれない。ただし数学が好きで、いろいろな本も読み漁っているという人には少々物足りないかもしれないのでご注意を。

(TBさせてもらったblog)
 → 世にも美しい数学入門(まっしろな気持ち)
 → 美しき数学者(千華の気まぐれ日記)



(関連書籍)
博士の愛した数式『博士の愛した数式』 小川洋子 (新潮社)

零の発見『零の発見』 吉田洋一 (岩波新書)

フェルマーの最終定理『フェルマーの最終定理』 サイモンシン (新潮社)




●共著/その他 トラックバック:2 コメント:7
コミュニティ( 学校・教育 | 算数・数学の学習

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。