もみじの本屋   加納朋子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『我ら荒野の七重奏(セプテット)』

我ら荒野の七重奏
『我ら荒野の七重奏』 (集英社)
著:加納朋子


『七人の敵がいる』の続編である。

冒頭では陽子の息子、陽介も小学校の高学年になっている。
そして、紆余曲折がありつつも中学生になり、吹奏楽部へと入部する。

主人公の陽子は働きながら子育てもこなす兼業主婦(ワーキングママ)である。
彼女の男勝りで思ったことは物怖じせず言ってしまう性格から、ついつい周りに敵をつくってしまう。
そんな彼女は、前作では息子の陽介の小学校入学によって、PTAや学童などの活動に奮闘をみせた。

小学校のPTAで苦労させられた陽子だが、中学でもクジでPTA役員をすることに。
だがこの本の中核はPTAではなく、吹奏楽部の保護者会である。

小学校のPTAでの苦労から「動かざること山田のごとし」で、事を荒立てずに行こうとする陽子。
しかし、相変わらずの男勝りで思ったことは物怖じせず言ってしまう性格は、やはりいろいろとやらかしてしまうのである。

そこに前作でも登場した玉野遥や五十嵐礼子、村辺千香も加わり、てんやわんやである。


中学で(力を入れている)部活をしている子を持つ親はこんなにも大変なのかと思いながら、楽しく読み進めることができた。



久しぶりに加納朋子の作品を読んで、一週間の「7」、虹の七色の「7」、「七人の敵がいる」の「7」、そして七重奏の「7」と7でつながる物語をまた1から読み返したくなってきた。
『月曜日の水玉模様』は陽子の高校時代のソフトボール部キャプテンだった片桐陶子が主人公であり(陽子は登場しない)、『レイン・レインボウ』はそのソフトボール部のメンバーたちの群像劇である(陽子の初出となる作品)。





(関連書籍)
tukinosabakuwosabasabato『レインレイン・ボウ』
著:加納朋子 (集英社文庫)

→ レビュー



tukinosabakuwosabasabato『七人の敵がいる』
著:加納朋子 (集英社文庫)

→ レビュー






スポンサーサイト




  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『少年少女飛行倶楽部』

少年少女飛行倶楽部『少年少女飛行倶楽部b』 (文春文庫)
著:加納朋子 


中学一年生の海月(みづき)は幼馴染の樹絵里(じゅえり)に誘われて「飛行クラブ」に入部する。メンバーは二年生の変人部長・神(じん)ことカミサマ、野球部兼部の海星、不登校で高所平気症のるなるな、運動神経はないけど気は優しい球児。果たして彼らは空に舞い上がれるか!? 友情、家族愛、恋、冒険―全てがつまった傑作青春小説。(裏表紙より)

このあらすじからもわかるように、個性的でおもしろい登場人物たち。その彼ら彼女らが成長していくさまは読んでいて心地よい。

飛行クラブの活動の目的は「空を飛ぶこと」この一点であり、部長であるカミサマの目的でもある。そんな変な目的の部に、いろいろな目的や思いであつまった部員たち。彼らは空を飛ぶことができるのか?そもそも部長以外は本気で空を飛びたいのか?

まっすぐな青春小説で、また主人公たちを考えると中学生に読んでほしいと思う作品である。
もう一度書くが本作は青春小説である。なので、加納朋子の代名詞ともいえる日常の謎は基本的には含まれていないのでご注意を。







  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『はるひのの、はる』

はるひのの、はる『はるひのの、はる』 (幻冬舎)
著:加納朋子 

『ささら さや』『てるてるあした』につづく佐々良の町を舞台とする3作目。
『ささら さや』ではまだ赤ん坊だったユウスケが成長し、主人公として話は展開されていく。
前2作を読んでいなくても十分に楽しめる内容だが、『ささら さや』だけでも読んでおくと登場人物に対する愛着がまた変わってくるだろう。

本作の主人公であるユウスケには他の人にはない不思議な力があった。
それは人に見えないもの、いわゆる幽霊をみることができるのである。
そんなユウスケの前に現れたハルヒという少女。出会うたび、ハルヒはユウスケにいろいろなお願いをしていくのだが。

佐々良の町が舞台ということで、前2作にも共通するやさしさ、やわらかさが本作にも流れていて、安心して読むことができる。



(関連書籍)
ささら さや『ささら さや』
著:加納朋子 (幻冬舎文庫)

→ レビュー



てるてるあした『てるてるあした』
著:加納朋子 (幻冬舎文庫)

→ レビュー




  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『トオリヌケ キンシ』

トオリヌケキンシ『トオリヌケキンシ』 (文藝春秋)
著:加納朋子

「トオリヌケ キンシ」、「平穏で平凡で、幸運な人生」、「空蟬」、「フー・アー・ユー?」、「座敷童と兎と亀と」、「この出口の無い、閉ざされた部屋で」の6つの物語。

場面緘黙症、脳腫瘍、相貌失認……一辺には重たいテーマが流れつつも、どの物語も軽やかに紡がれてゆく。

「この出口の無い、閉ざされた部屋で」で、主人公がすれ違う幸せそうな人々のことを読むとなんだかほっこりもしてくる。

そして現実でも、ふとすれ違う笑顔あふれる人も、幸せや悲しみいろいろなものを背負っているのだということを考えさせられた。

人は人とのつながりのなかで生きている。







  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『七人の敵がいる』

七人の敵がいる
『七人の敵がいる』 (集英社文庫)
著:加納朋子

主人公の陽子は働きながら子育てもこなす兼業主婦(ワーキングママ)である。
彼女の男勝りで思ったことは物怖じせず言ってしまう性格から、ついつい周りに敵をつくってしまう。
そんな彼女は息子の陽介の小学校入学によって、PTAや学童などの活動、言ってしまえばお金ももらえないボランティアに時間を割かれ、奮闘することになる。

PTAだとか学童だとかなんだかややこしいテーマを書いたんだなと思いつつ、加納朋子のファンとしてはそれをどう料理したのか楽しみに読んだ。
加納朋子の作品にしてはラストが強引かなと思わなくもないが、こういった痛快な小説の形をとりながらも、世に一石を投じたかったのだろうなと感じ、これはこれで加納朋子らしいのだろう。

あと加納朋子の作品に出てくるだいたいの子供たちがそうであるように、この作品の子供たちもとても素直で、それが日だまりの様でなんだか嬉しくなってしまう。





(関連書籍)
tukinosabakuwosabasabato『レインレイン・ボウ』
著:加納朋子 (集英社文庫)

→ レビュー



tukinosabakuwosabasabato『我ら荒野の七重奏』
著:加納朋子 (集英社)

→ レビュー









  加納朋子 トラックバック:1 コメント:2
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。