もみじの本屋   村上春樹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『アフターダーク』

アフターダーク『アフターダーク』 (講談社)
著:村上春樹

pm11:56にはじまりam6:52に終わる、約7時間の夜中の物語。登場人物も数えるほどである。
全体的に淡々とすすんでいくので、さらさらと読める。人によっては物足りなさを感じるかもしれない。

マリとエリ(特にマリ)の話を主軸として物語は進んでいく。『海辺のカフカ』のように二つの話が交互に進行していく。
エリの話は意味ありげで、だが読んでいてわからないことがたくさんある。しかし、そんな世界とマリの現実的な世界とも微妙な接点からつながっていたりもする。こういうことを暗示しているのかなということがなんとなくわかりそうな気もするが。

村上春樹の作品なので相変わらずというべきだろうか、この本も評価が大きく割れている。良くも悪くも話題になるところはやはりさすがだと思う。いくつかリンクをはっておくことにするので、そちらも参考にしてもらいたい。

(TBさせてもらったblog)
→ 村上春樹「アフターダーク」 (カナダ暮らし+小さな楽しみ+)
→ 『アフターダーク』とその陰影 (Ubi dubium ibi libertas)
→ アフターダーク (spoon::blog)
→ アフターダーク/村上春樹 読了 (KITORA's Blog)
→ 村上春樹【アフターダーク】 (ぱんどら日記)


以下、個人的な感想を少々。
読み終えて、少々混乱した。いろいろと考えさせられたという点ではいい本というべきだろう。しかし、物語はこれまでの作品以上につかめなかった。なので、すこし時間をおいてまた読んでみたいと思う。
作中でマリとコオロギの会話が印象に残っている。いくつかあるのだが、ひとつ紹介してみる。

「時間をかけて、自分の世界みたいなものを少しずつ作ってきたという思いはあります。そこに一人で入りこんでいると、ある程度ほっとした気持ちになれます。でも、そういう世界をわざわざ作らなくちゃならないっていうこと自体、私が傷つきやすい弱い人間だってことですよね?そしてその世界だって、世間から見ればとるに足らない、ちっぽけな世界なんです。段ボール・ハウスみたいに、ちょっと強い風が吹いたら、どっかに飛ばされてしまいそうな……」 (本文より)

他にもマリが出会った人とマリとの会話はなかなかおもしろかった。



(関連商品)
ブルースエット『ブルースエット』 カーティス・フラー
何度か登場する音楽「ファイブスポット・アフターダーク」が収録されている。作中ではLPといっていたが。
スポンサーサイト




  村上春樹 トラックバック:3 コメント:2

『海辺のカフカ』

海辺のカフカ 上  海辺のカフカ 下
『海辺のカフカ 上・下』 (新潮文庫)
著:村上春樹

15歳の‘僕'はさまざまなものを受け止め、受け入れるため四国へと旅に出る。
物語は、夢の中のような不思議な世界と、リアルな現実の世界、その狭間で展開されていく。


最後までよくわからないまま終わってしまうところもあるのだが、それもまた夢を見てまどろんでいるような感じがして悪くない余韻をつくっているのかもしれない。

構成は、はじめ「カラスと呼ばれる少年」で‘僕'と‘カラスと呼ばれる少年'とのいまいちつかみ取れないやりとりがあり、第1章から始まる。
基本的には奇数章は‘僕'が中心の話であり、偶数章に猫と話のできるナカタさんという人の話が続く。
2章、4章、8章はアメリカ機関の資料という形で山梨県の山奥のある学校で起こった出来事について書かれていて、さらに2章と4章についてはそこを読んでいる途中はよくわからない話だ。

奇数章では、バスで知り合うさくらという女性、甲村記念図書館の大島さんや佐伯さんなどが登場し、偶数章では謎のジョニー・ウォーカー、ホシノさんなどが登場する。

読み進めていくと徐々に謎がとけていき、不思議なつながりがわかったりしてくのだが、最初にも少し書いたように、最後まで謎のまま終わってしまうところもある。
しかし、パートパートではきちんとした物語として進んでいくので、物語の全体を頭の中で整理しようとせずに、あるがままに読み進めていく方が混乱しなくて楽しめるのではないだろうか。

昔の作品が好きな人も現在の作品が好きな人も村上春樹ファンならきっと楽しめる本だと思う。

蛇足だが、この本を読むときはBGMとして、ずっと新居昭乃のCDアルバム「そらの庭」「空の森」を聞いていた。
この本にとても合っている曲、メロディーのように思うのでおすすめだ。
もしよかったら、試してみてはどうだろうか。

最後に、この本に関してはいろんな意見を参考にしたほうがいいのではと思ったので2,3リンクを貼らせてもらうことにする。

→ 今週の読書『海辺のカフカ』(HappyTalkとCooking)
→ 海辺のカフカ(The 7th Blog)
→ 海辺のカフカ(miyukichin' mu*me*mo*)


(関連書籍)
ヴェネツィアの宿『少年カフカ』
著:村上春樹 (新潮社)

------------------------------------------------------

(supported by ブログルポ)




  村上春樹 トラックバック:8 コメント:9
コミュニティ( 小説・文学 | 村上春樹

『ランゲルハンス島の午後』

ランゲルハンス島の午後『ランゲルハンス島の午後』 (新潮文庫)
著:村上春樹 絵:安西水丸

村上春樹の25編のエッセイだ。安西水丸の目に飛び込んでくる色彩の絵がなんともいい雰囲気をつくりだしている。
本のタイトルに惹かれて購入したのだが、当たりだったと思う。その惹かれたタイトルがついている一編(最後の一編)を読んでみると、たまには立ち止まって周りの景色でも眺めてみようかという気になってくる。
ティータイムに気楽に読んでみてほしい。




  村上春樹 トラックバック:2 コメント:6
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

『風の歌を聴け』

風の歌を聴け『風の歌を聴け』 (講談社文庫)
著:村上春樹

村上春樹のデビュー作。デビュー25年を記念して装いも新たに出されたが、その中の一冊でもある。(画像は以前の文庫版)
1970年の夏に「僕」を中心に展開される「鼠」やある女性との18日間の物語。
冒頭の「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」がなんとも印象深い。
村上春樹は変わった、とかよく言われるけど『アフターダーク』『海辺のカフカ』などとこの本を読んだときの印象はやっぱり近いものがある。そして村上春樹は村上春樹なんだなと思う。


(関連図書)
『風の歌を聴け』(新装版) 村上春樹 (講談社文庫)




  村上春樹 トラックバック:1 コメント:2
コミュニティ( 小説・文学 | 村上春樹

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。