もみじの本屋   大崎善生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『アジアンタムブルー』

アジアンタムブルー『アジアンタムブルー』 (角川文庫)
著:大崎善生

「青春文学の名作『パイロットフィッシュ』につづく、慟哭の恋愛小説。」(裏表紙より)

そう、この作品は『パイロットフィッシュ』へと続く小説である。そして慟哭の恋愛小説、純愛小説である。
アダルトの編集部に勤め始めて十数年、33歳の山崎隆二が思い返す、葉子とすごした日々。

現在の山崎から、ヒューズやヒロミの思い出、中学時代の原罪、高校時代の先輩との体験、そして葉子と出会ってからの数年間が振り返られる。
そして現在の山崎はというと、デパートの屋上でただ毎日を過ごしている。そして中川宏美という女性と出会うことになる。

この作品の魅力はやはり、続木葉子という女性の存在が大きい。
山崎と葉子がお互いを慈しみ合い、愛し合って過ごすニースでの数日間は、本当に美しく描かれている。
また、意外と大きな存在なのがSMの女王ユーカである。
彼女もまたこの作品をもり立てる魅力的な女性の一人だ。

ちなみにアジアンタムブルーとは作中の説明によると「アジアンタムの憂鬱」、水が不足すると葉っぱがちりちりになって丸まり、それがみるみるうちに全体に広がってしまう現象のこと。一度丸まりはじめたアジアンタムは最終的にはもとに戻らないのだそうだ。
このアジアンタムブルーが何を表しているかということは、読んでみれば一目瞭然である。そしてそれを思うとこのタイトルだけでもすこし切なくなってしまう。

(いいなと思った記事)
● アジアンタムブルー (海の色、空の色。)
 ……「優しさ」も作品のテーマの一つだったのだと再認識。
● アジアンタムブルー (読書感想文 と ブツブツバナシ)
 ……「それにしても、主人公って・・」っていう最後の一文に激しく共感(笑
● ◎◎「アジアンタムブルー」 大崎善生 角川書店 1500円 2002/9 (「本のことども」by聖月)
 ……「パラレルワールドストリー」というところに納得。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る

------------------------------
以下はどうしても気になった部分を少しだけ述べようと思う。
批判的なものなので、読みたい人だけどうぞ。

【Read More】

スポンサーサイト




  大崎善生 トラックバック:3 コメント:8
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『パイロットフィッシュ』

パイロットフィッシュ『パイロットフィッシュ』 (角川文庫)
著:大崎善生

パイロットフィッシュとは水槽をいい状態に保つために、最初に入れる魚のことである。作中、登場人物の由希子も言っていたが、きれいな響きの言葉だと思う。
主人公の山崎は編集者の中の編集者でとしてアダルト雑誌の出版社につとめている。そんな彼は、過去の出来事や言い放った言葉や出会った人たちの記憶が決して消えることがないということに考えをめぐらせていく。
表紙も含め全体的にとても透明感がある。また良くも悪くも輪郭が曖昧である。細かいところを気にしなければ、よい作品であると思う。
少し性的描写を含んでいるので抵抗がある人はご注意を。

余談であるが、心に残ったセリフを一つ。
当時の山崎の彼女由希子が紹介してくれたバイト先、そこの店長のナベさんがこんなことを言っていた。
「飲食店の善し悪しはいかにおいしく水を飲ませるかやと、わしは思っとる。ただの水を、きれいなグラスとちょうどいい冷たさで出す。水さえおいしく飲めれば料理だって酒だって何だっておいしく感じる、そういうもんやないかなあ。……」
なぜだかわからないが、このセリフがこの作品の中で一番心に残った。

(TBさせてもらった記事)
→ 大崎善生【パイロットフィッシュ】 (ぱんどら日記)


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
アジアンタムブルー『アジアンタムブルー』
著:大崎善生 (角川文庫)




  大崎善生 トラックバック:1 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。