もみじの本屋   谷村志穂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『透明な海の泳ぎかた』

透明な海の泳ぎかた
『透明な海の泳ぎかた 気づく、愛する、大人になる』 (PHP文庫)
著:谷村志穂

谷村志穂のエッセイは好きだ。
自分というものをこれでもかというくらいに見つめながら強く歩いていく女性、読んでいるとそういったイメージが湧いてくる。


『透明な海の泳ぎかた』もそんな谷村志穂のエッセイの一冊である。
2000年に刊行された『Power Woman ~ 愛と自立のスケジュール』を改題、再編集したものだ。
著者は2001年に結婚しているが、その前に書かれた本書は30代後半の独身の想いが詰まっている。


「自立」、特に「女の自立」をテーマにいろいろなことを考察している。
もちろん共感できる部分もあればそうでない部分もある。
共感できない部分があるというのはある意味楽しい。
読んでいて、いままで見えていなかった景色がみえる瞬間があるのだ。


共感できないのは主に他者との接し方の部分が多かったが、あまりに自分と違いすぎてとても感心し、大げさかもしれないが感動さえもした。


共感できた部分、それは「自立」に対する考え方である。
私は何ものからも自由であることこそが自立だと思っているのだが、言語化すると著者が語っているような内容になるのかなと思いながら読んだ。
とくにchapter4の「ただ、あくまで料理に関しては、私は「出来たほうが自由だ」と思うようになりました。」という、一文へとつながるエピソードがいずれもこの上なく愛らしかった。
「ニラの卵とじ」の話で「今なにか捨てなかった?」と訊かれる場面は、この本で一番印象に残っている。


また、本書の中で著者が引用していた浅井愼平の「今日の僕は十年後の僕を作る」という言葉はいい言葉だなと思って胸に刻ませてもらった。


好きと言いつつ、久しぶりに読んだ谷村志穂のエッセイ。
しばらくマイブームとして何冊か続けて読みそうな予感である。






スポンサーサイト




  谷村志穂 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

『結婚しないかもしれない症候群 男性編』

kekkonotoko『結婚しないかもしれない症候群 男性編』 (角川文庫)
著:谷村志穂

谷村志穂が独身男性20人にインタビュー、独身男性の考えや思いに迫る。

この本は一気に書き上げるつもりでいる。私にとってノンフィクションにすべき素材とは、あまりに活きがいいから、そのままお皿にのせたいお魚のようなものなのである。(本文中より)


と著者自身も書いているように、聞いた話ありのままが書かれている。
それは、その人の生き方の一端を垣間見せてくれるし、また共感する部分や反感を持つ部分、感心する部分などもあり、自分自身が如何に生きていくかということの参考にもなる。

『結婚しないかもしれない症候群』よりも新しいとはいえ、1996年ごろに書かれたものと少々古いので、今と比べると多少違和感をおぼえる箇所もあるが、基本的に人の考えや思いなんていうものはいつの時代も一緒なのだなとも思わせてくれる。

もちろん結婚や恋愛についても考えさせられるし、またこんな人もいるのかという参考にもなる、おもしろく、また貴重な一冊であるだろう。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
結婚しないかもしれない症候群『結婚しないかもしれない症候群』
著:谷村志穂 (角川文庫)




  谷村志穂 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ノンフィクション

『サッド・カフェで朝食を』

サッド・カフェで朝食『サッド・カフェで朝食を』 (幻冬舎文庫)
著:谷村志穂

旅先のエッセイ集。ともすれば自慢話になってしまいそうな経験が軽やかな文章で親しみやすく書かれており、実際にそこへいってみたくなったり、素直に「おもしろいな」とか「おいしそうだな」と思わせられる。

例えば、某京都のホテルとかマレーシアのコピとかには行ってみたいなぁと思ったし、和歌山のハモしゃぶや浜松の鰻茶なんかすごく食べてみたくなった。

谷村志穂のエッセイは他に2冊ほど読んだが、どれも何かを紹介するという文章がとてもうまい。

この本を読むと、どこかに行きたくなること間違いなし、旅好き、美味しいものを食べるのが好きという方には是非お薦めの一冊である。




  谷村志穂 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

『ジョニーになった父』

ジョニーになった父『ジョニーになった父』 (集英社文庫)
著:谷村志穂

ある日突然、父がジョニーになった。まさにこの言葉の通りの話である。
もちろん家族は唖然茫然、状況がのみこめない。ジョニーになった父は自由奔放、勝手気ままに生活する。ようやくまわりが父がジョニーであることに慣れてきたら、ジョニーはまた別の騒動を起こす。
この本を読んで‘ジョニー’になりたいと思った人はたくさんいるだろう。そしてそんな人たちからみるとジョニーはヒーローである。
しかしこの本は、父、母、息子、娘、または働いている人、専業主婦(夫)、妻、夫、など読む人の立場や状況によって読む時の視点や印象、感想がまったく違ったものにもなるだろう。
例えば、小説の中で一人称として登場する‘私’こと娘の美弥子に共感したならば、父の無責任さに対して腹だたしく思うだろう。また美弥子と弟の鉄馬の関係もとても好ましいものであり、うらやむ人もいるかもしれない。
『いつものお茶、いつもと違う猫』の河合雅雄との対談の中で著者が述べている、「不良になる」という持論をうまく描いている作品だ。




  谷村志穂 トラックバック:0 コメント:4

『夏の猫と贈りもの』

夏の猫と贈りもの『夏の猫と贈りもの』 (ハルキ文庫)
著:谷村志穂

『いつものお茶、いつもと違う猫』の「文庫版あとがき」を読んで、この本を読みたくなり購入。『いつものお茶、いつもと違う猫』以前の谷村志穂のエッセイである。
この本は大きく、「いつか月でビールを」と「本とワープロを抱えて西東」に別れている。「いつか月でビールを」では様々な体験談や雑感などが書かれている。ここを読んで谷村志穂という人物のことが少し見えてくるし、またそのことで、話したこともない人に失礼だと思うが、愛おしささえ感じてしまう。
「本とワープロを抱えて西東」では本の書評や映画について、または旅先でのことなどが書かれている。ここを読んでいると、単純だが、この本読んでみたいなとか、この場所にいってみたいなとかいったことを思う。
そして実際にこの本を読んでから、詩仙堂に行ってみたくなり、行ってきた。
『いつものお茶、いつもと違う猫』を読んだあとにこの本を読んだため、近い将来こんなことは言わなくなるのにとわかる部分もあり、そういう意味でも楽しめた。




  谷村志穂 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。