もみじの本屋   江國香織

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『ぼくの小鳥ちゃん』

ぼくの小鳥ちゃん『ぼくの小鳥ちゃん』
著:江國香織 (新潮文庫)

ある日、突然「ぼく」のもとにやってきた小鳥ちゃん。そして「ぼく」と「ぼくの彼女」の織りなす、不思議にまろやかなお話。
ラム酒のかかったアイスクリームやモーツァルトが好きな小鳥ちゃん。
ちょっとわがままだけど、とても愛くるしい小鳥ちゃん。
やっぱり魅力的なのは、この小鳥ちゃんだろう。
そんな小鳥ちゃんに、「ぼく」とともに振り回されてみるのも愉快だ。

ちらっと、小鳥ちゃんが何かの比喩として描かれているのではとも考えたが、この本を読む楽しみ方の一つとしては、素直に小鳥ちゃんを小鳥ちゃんとして読むことだと思う。

色彩豊かな荒井良二のイラストがまた素敵だ。
物語ととてもよく合っていて、読み手のイメージの中に自然な感じで入ってくる。

さらに角田光代の解説も素晴らしい。この解説だけでもエッセイの1エピソードになりそうな感じである。
しかし、すばらしすぎて、読み終えた後の自分自身の印象をぬりかえられてしまうかもしれない。なので、話を読み終えた後、解説を読む前に少し余韻を楽しむことをおすすめする。

(リンク)
→ ぼくの小鳥ちゃん(まっしろな気持ち)
スポンサーサイト




  江國香織 トラックバック:2 コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。