もみじの本屋   北村薫

『ひとがた流し』

hitogatanagasi『ひとがた流し』 (新潮文庫)
著:北村薫

本書のヒロインは40代の3人の女性である。

細かく些細な話の積み重ねで一つの大きな流れができていて、読んでいると何気ない日常の中で時折見せる不安や、忍び寄る悲しみの気配が漂ってくる。はじめのうちは仄かで、間違いだったのかなと思うのだが、読んでいるとそれが徐々に色濃くなってくる。

北村薫の描く女性は、なぜこんなにも魅力的なのだろうか。千波の「やり直せない人生が好き」というセリフはとてもかっこよかった。

朝日新聞連載時にも目を通していたのだが、そこでおーなり由子が書いていた挿絵もほのぼのとしてとてもよかったのに、書籍化されてその挿絵がなかったことは残念である。

好きな本の1冊『月の砂漠をさばさばと』のさきちゃんがこの本では登場する。成長したさきちゃんの姿が見られるのはなんだか嬉しい。といっても脇役の一人ではあるが。


amazonのレビューを見るbk1のレビューを見る



(関連書籍)
tukinosabakuwosabasabato『月の砂漠をさばさばと』
著:北村薫 (新潮文庫)



【Read More】




  北村薫 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『スキップ』

スキップ『スキップ』 (新潮文庫)
著:北村薫

いわゆる「時と人の3部作」の一つである。
昭和40年代初め、高校2年生の一ノ瀬真理子は千葉の女子校に通っていた。体育祭や文化祭に青春を謳歌する彼女。

体育祭の日、雨が降り出し途中で中止になってしまう。親友の池ちゃんと体育館ですこし話したあと家に帰り、いつものように応接間においてあるステレオでクラシックのレコードをきいていた。
そしてついうとうととしてしまう。


目が覚めた時には音楽はとまっていた。
いやそれどころか違う時、違う場所にいたのである。
彼女は42歳の一ノ瀬真理子になっていた。

17歳の真理子がタイムスリップしたのか、それとも42歳の瀬真理子が記憶喪失になってしまったのかはわからない。
しかし、心は17歳、体は42歳、そして夫も娘もいるという事実にただただ困惑する。
さらに、真理子は高校の国語教師として働いていたのだ。

25年の変化した部分、昭和40年の流行、そして高校の描写、どれも丁寧に描かれていて感心した。
また読み終えたあとのなんとも言えない爽やかな感じ、好感を持てる素敵な登場人物、さすがは北村薫である。

今の自分を形づくる、大切な記憶。
時は不可逆的であり残酷に流れる。
しかし、だからこそ一生懸命に今を生きたい。
読み終えて、そんなことを思ったりした。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
ターン『ターン』
著:北村薫 (新潮文庫)

リセット『リセット』
著:北村薫 (新潮文庫)




  北村薫 トラックバック:1 コメント:4
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『朝霧』

朝霧『朝霧』 (創元推理文庫)
著:北村薫

シリーズ第5作である今回は、「私」は卒業論文を書き上げ、大学を卒業。小さな出版社の編集者として働きはじめる。
この本には「山眠る」、「走り来るもの」、「朝霧」の3編収まっているのだが、そのなかの「山眠る」で田崎先生が「私」にこういう。

「いいかい、君、好きになるなら、一流の人物を好きになりなさい。(中略)本当にいいものはね、やはり太陽の方を向いているんだと思うよ。」 (本文より)

このセリフが心に響いた。また、最後に「私」が本郷先生にいうセリフも好きである。
「走り来るもの」のリドルストーリーや「朝霧」ででてくる「私」の祖父の日記の謎もおもしろい。
このシリーズをずっと読んでいくと点と点が線でつながる瞬間がある。それがなんとも心地よく、そして「ああここでこうつながるのか」と驚かされる。それは一編の話のなかであったり、一冊の本の最初と最後であったり、ときには前作との関連であったりするのだが。
blog「まっしろな気持ち」でましろさんがいろいろと詳しく書いてくれているので、そちらもどうぞ。

→ 朝霧 (まっしろな気持ち)



(関連書籍)
『空飛ぶ馬』 北村薫 (創元推理文庫)
『夜の蝉』 北村薫 (創元推理文庫)
『秋の花』 北村薫 (創元推理文庫)
『六の宮の姫君』 北村薫 (創元推理文庫)




  北村薫 トラックバック:0 コメント:2

『六の宮の姫君』

六の宮の姫君『六の宮の姫君』 (創元推理文庫)
著:北村薫

今作では「私」が大学の4年生になり芥川龍之介を題材に卒論を書く。話のメインは芥川龍之介作品の中でも「六の宮の姫君」について。文壇の長老田崎信先生との会話の中から一つの謎に出くわし、「私」がそれについて調べはじめるというもの。
芥川龍之介だけでなく周辺の作家たちの名もたくさんあがるし、芥川龍之介の作品に触れたことのある人にとっては、面白い考察がいろいろと書かれていることだろう。
また解説によればこの作品のベースは著者自身の卒業論文でもあるそうで、卒業論文を書くための掘り下げ方も参考になる。これから卒業論文を書くという人にもおすすめの一冊である。
この本を読む前または読んだ後に読むとより楽しめるのではないかと思うものをいくつか下にあげておく。
あとここよりももう少し内容に踏み込んでレビューを書いているところがあったので紹介させてもらう。
→ 六の宮の姫君 (まっしろな気持ち)


(関連書籍)
『空飛ぶ馬』 北村薫 (創元推理文庫)
『夜の蝉』 北村薫 (創元推理文庫)
『秋の花』 北村薫 (創元推理文庫)
『朝霧』 北村薫 (創元推理文庫)


(※以下ネット上で無料で拝読できます)
- 理解が深まる -
『六の宮の姫君』 芥川龍之介
『往生絵巻』 芥川龍之介

- 興味があれば -
『羅生門』 旧仮名 芥川龍之介
『羅生門』 新仮名 芥川龍之介
『父帰る』 菊池寛
『身投げ救助業』 菊池寛
『無名作家の日記』 菊池寛
『奉教人の死』 芥川龍之介
『菊池寛全集』の序 芥川龍之介
『芥川の事ども』 菊池寛




  北村薫 トラックバック:0 コメント:2

『秋の花』

秋の花『秋の花』 (創元推理文庫)
著:北村薫

“円紫師匠と私”シリーズ第3弾。この本は、このシリーズではじめて一話を一冊まるまる使って書いており、またシリーズで唯一人が死んでいる。よくある推理小説のように次々と人が死んでいくわけでもないが、読んでいる途中ずっと怖かった。作者の文章や構成が巧みなためだろう、いろいろな想像をかき立てられるのだ。
早く円紫師匠にでてきて欲しいと願いながらもなかなか出てこないのがもどかしい。結末はうまく円紫師匠がのみこんでくれたように思う。そこにまた著者の巧さを感じてしまう。
読み終えたあとの余韻は『空飛ぶ馬』『夜の蝉』とはまったく違ったものであり、冷然としてはいるが悪くはない読後感である。
当然おすすめの本なのだが、この本は読む前には少し覚悟しておいた方がいいかもしれない。


(シリーズ)
『空飛ぶ馬』 北村薫 (創元推理文庫)
『夜の蝉』 北村薫 (創元推理文庫)
『六の宮の姫君』 北村薫 (創元推理文庫)
『朝霧』 北村薫 (創元推理文庫)




  北村薫 トラックバック:0 コメント:4