もみじの本屋   綿矢りさ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『インストール』

インストール『インストール』 (河出文庫)
著:綿矢りさ

「インストール」と「You can keep it.」の2編が収録されている。
「インストール」は友人の提案で不登校を決め込むようになる女子高生の話。
主人公の朝子は部屋の物をすべて捨ててしまいたい衝動に駆られ、実行する。
ゴミ捨て場で同じマンションに住む小学生の男の子と出会い、その男の子に使えなくなったボロのコンピューターをあげる。
あるきっかけから再びその男の子と出会い、男の子に誘われて秘密のバイトをはじめるのだが……。

良くも悪くもとても軽い作品である。
軽やかな文章で読みやすく、また読んでいてリズムのいい作品だなと思った。
読みながら、まるでピアノを弾いているような印象さえ受けた。
17歳のみずみずしさあふれる作品だ。

「You can keep it.」の主人公、城島は処世術として周りの人にどんどんと物をあげる。そこに城島が気になっている同級生の女の子の綾香が登場。城島はある行動をとる。
この作品はこの本のために書き下ろされたような作品で、ページ数も短く綿矢りさファンのためのおまけといった感じである。

ときにはこういった軽やかな作品を読んでみるのも悪くはない。
カフェで肩の力をぬいて、のんびりと読んでみてはどうだろうか。


スポンサーサイト




  綿矢りさ トラックバック:1 コメント:2
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。