もみじの本屋   パウロ・コエーリョ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『星の巡礼』

星の巡礼『星の巡礼』
著:パウロ・コエーリョ 訳:山川紘矢、山川亜希子 (角川文庫ソフィア)

神秘の扉を目の前にして最後の試験に失敗し、奇跡の剣を手にすることができなかったパウロ。ふたたびその剣を手にするために残された唯一の道は、「星の道」と呼ばれる巡礼路を旅して、自分でその剣を見つけることだった。師ぺトラスに導かれて、ピレネー山脈からサンチャゴへと続くスペインの巡礼の道を歩くパウロに様々な試練が課せられる。が、それは人生の道標を見つけるための偉大な旅であった……。自らの体験をもとに描かれた、スピリチュアリティに満ちたパウロのデビュー作。(裏表紙より)

裏表紙に書かれてあるこれが、物語のほぼ全貌である。
巡礼の旅を描いた話なので、どうしても宗教色の濃い作品である。しかし、宗教書というよりも哲学書に近いだろう。

巡礼の途中ぺトラスから課される実習について、細かな方法についても各話の終りに書かれており、実践できるようになっている。そのなかの「スピードの実習」なんて、やってみてもいいかもしれない。やり方は簡単で、20分間普段の2分の1のスピードで歩くというもの。いろいろとこれまで見えていなかったものが見えてきそうである。

いつも感じるのだが、パウロ・コエーリョの本には真理を追究する論理的思考と神秘性が兼ね備えられている。またある思考に対し、否定的な立場のものも描かることで、全体としてつり合いがとられている。そのあたりがとてもおもしろいと思う。
さらに、そういった場面を読むことで読者自身の思考をも促してくれる。

何が真実か、何を信じるか、自分自身の中にある答えを、パウロ・コエーリョの本はほんの少しかき混ぜてくれる。それによってそれまで見えていたものの別の形、それまで見えていなかった新しいものなどが見えてくるのかもしれない。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
スポンサーサイト




  パウロ・コエーリョ トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『アルケミスト 夢を旅した少年』

アルケミスト 夢を旅した少年『アルケミスト 夢を旅した少年』 (角川文庫ソフィア)
著:パウロ・コエーリョ 訳:山川紘矢、山川亜希子

アンダルシアの草原にいた羊飼いの少年が、旅にでる。はじめはいまいちよくわからない話なのだが、読み進めていくとその独特の世界観に魅了され、引き込まれていく。
少年が出会う人たちはどこか哲学的であり、その不思議な言動にいろいろと考えさせられる。読み終えたときには、すっかりその世界に浸っているだろう。一度、この不思議な世界を旅してみてはいかがだろうか。
ちなみに「アルケミスト」とは「錬金術師」という意味なのだが、この作品においてはおそらく想像している錬金術師とは違っているだろう。そこもまた確かめてみてほしい。


関連図書
『アルケミスト 夢を旅した少年』(愛蔵版) パウロ・コエーリョ (角川書店)




  パウロ・コエーリョ トラックバック:1 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。