もみじの本屋 2000年09月

トラックバック(TB)について

TBについてはこれまで適当に扱っていましたが、今年に入りさまざまな議論がなされるようになってきたので、うちでもTBをしていただく場合とこちらからする場合の定義を明確にしておこうと思います。
例外的なものもあるし、臨機応変な対応はさせていただきます。
TBについて何か質問があれば、「コメント/足跡」のほうにどうぞ。


●「もみじの本屋」の記事にTBする場合

何らかの形でうちの記事の内容について言及している、あるいはリンクがはってあればOKです。

それが守られてなくても、同じ本(映画)のことについて書かれてある記事からのTBは受けつけます。
しかしその場合はうちの記事中でTBされた記事について触れることなく、こちらからもTBさせていただきます。
いわゆるTB返しというやつですね。

それ以外の記事は基本的にスパム行為とみなして削除させていただきますので、悪しからず。


●「もみじの本屋」からTBさせていただく場合

TBさせていただく記事にリンクをはり記事中で触れるか、(いいなと思った記事)としてリンクさせていただき記事についての一言コメントを載せるという形にしたいと思います。
それ以外では、上記のようにTBされた記事へのTB返しという形でTBさせていただくこともあります。

※2006/10/26以前の記事に関しては守られていないものもありますが、ご容赦ください。

(2006年10月26日)

関連記事




○その他 トラックバック:- コメント:-

分類について/その他

●書籍の分類。

1.基本的には著者の五十音順に分類する。
(紹介している本の数が少ない著者に関しては「●~行の作家」というカテゴリーに分類する)
2.外国人の著者は「海外作品」のカテゴリーの中で、カタカナにあてたファミリーネームで五十音順に並べる。
(紹介している本の数が少ない著者に関しては「●外国人作家」というカテゴリーに分類する)
3.絵や写真と文で構成される書籍でも、絵や写真と文を書いている人が異なっても、文を書いている人を著者と見なして分類する。ただし、一部でも絵や写真を書いている人の文章があれば、共著とみなす。
4.絵本の場合、子ども向けと判断したものは「絵本」というカテゴリーに分類する。逆に、大人向けと判断したものは著者のカテゴリーをつくりそこに分類する。
5.マンガはどんなジャンルであれ、マンガというカテゴリーに分類する。ただしマンガと文章とで構成される書籍の場合は、マンガ以外のカテゴリーに分類する場合もある。

こんな感じで分類していこうと思っていますが、途中で分類条件やカテゴリーを変更することもあるかもしれません。なのでカテゴリーへのリンクにはご注意ください。

------------------------------
●映画
「映画感想」は本のレビューのように紹介でなく、あくまでも個人的な感想をメインに書くつもりです。

------------------------------
●ランキング
気に入った記事がありましたら、下のリンクのクリックもよろしくお願いします。
blog Ranking
fc2 ブログランキング
にほんblog村
関連記事




○その他 トラックバック:- コメント:-

コメント/足跡/お知らせ

記事と関係のないコメントや足跡、リンク報告などはこちらにお願いします。
でもここへのコメントに対してはあまり返事をしないかもしれません。

再読などによるレビューの修正情報などもここに書こうかと思ってます。

また本の宣伝や、本の紹介をしているサイト・blogの宣伝もある程度はOKですが、その他の宣伝や管理人が不適と判断したものは予告なく削除しますので、悪しからず。



関連記事




○その他 トラックバック:0 コメント:26