もみじの本屋 2007年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『春期限定いちごタルト事件』

春期限定いちごタルト事件『春期限定いちごタルト事件』 (創元推理文庫)
著:米澤穂信

タイトルの可愛さに惚れて購入。

高校生になった小鳩くんと小佐内さん、彼らは小市民を目指すため互恵関係にある。
互恵関係というのは小市民たるために、どちらかが逃げるときにはもう一方が楯となるという約束をしているということだ。
はたして立派な(?)小市民になれるのか。

5つの連作小編(とプロローグとエピローグ)で構成されているのだが、謎は日常の謎がメイン。
本格推理小説好きの人には多少物足りないところもあるかもしれないが、最後の「弧狼の心」はなかなか本格的。それまでの話の中で巧みに伏線がちりばめられており、ここに集約する。
他に「はらふくるるわざ」では、探偵役の小鳩くんは謎を解くのだが、それを小佐内さんに明かさない。推理小説として、そこがなんだか新鮮だった。。
このあたりが小市民たろうとする二人のおもしろいところであると思う。

作中に登場する甘いもの、そして甘いものを食べるときのに見せる小佐内さんの笑顔が物語のエッセンスとしてとてもよく効いている。
「アリス」の春期限定いちごタルトや「ハンプティ・ダンプティ」のケーキ、是非食べてみたいものである。

(いいなと思った記事))
●  春期限定いちごタルト事件 (白露書房)
 …… 「小市民を目指すことによって、彼らは大いなる謎を提示しているのだ。」という部分、なるほどと思った。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
夏期限定トロピカルパフェ事件『夏期限定トロピカルパフェ事件』
著:米澤穂信 (創元推理文庫)

秋期限定栗きんとん事件 上『秋期限定栗きんとん事件』上
著:米澤穂信 (創元推理文庫)

秋期限定栗きんとん事件 下『秋期限定栗きんとん事件』下
著:米澤穂信 (創元推理文庫)
関連記事
スポンサーサイト




  米澤穂信 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

『村田エフェンディ滞土録』

村田エフェンディ滞土録『村田エフェンディ滞土録』 (角川文庫)
著:梨木香歩

まずタイトルが独特であるので簡単に説明をしたいと思う。
「村田」は日本人の名前で、「エフェンディ」とは学問を修めた人物に対する敬称で、日本語でいうところの「先生/学士様」といったところである。「滞土録」は読んで字のごとく、土耳古(トルコ)の滞在記録ということであろう。
つまり、この本は1900年ごろ、土耳古の首都スタンブールに留学していた村田という日本人の記録である。

内容はまさにそのまま、村田の土耳古での滞在記であるのだが、重要となってくるのが下宿先の仲間たちである。英国人の女主人ディクソン夫人、そこの使用人(身分的には奴隷)のムハンマド、村田と同じく下宿している独逸(ドイツ)人のオットーと希臘(ギリシャ)人のディミィトリス。彼らと議論をしたり、神様のケンカに巻き込まれたりしながら、打ち解け合い、助け合い、心を通わせながら暮らしていく。

ほかにも、土耳古に来ている、あるいはやってくる日本人や、現地の土耳古人との交流、村田やオットー、ディミィトリスそれぞれの関わる考古学の仕事に関する内容も書かれている。

村田は『家守綺譚』の中でときどき話に登場するトルコに行っている村田と同一人物である。
最後には『家守綺譚』に登場した人物たちも登場し、村田に話している内容の微妙な含みが『家守綺譚』を読んでいると察せられにやりとさせられる。

梨木香歩の作品に共通して根底に流れているテーマが、この本にもしっかりと織り込まれていて、考えさせられる一冊であった。

この本の中で、ディミィトリスが「私は人間だ。およそ人間に関わることで、私に無縁なことは一つもない。」というセリフを言う。これは古代ローマの劇作家テレンティウスの作品にでてくる言葉なのだそうだが、この言葉がこの作品ではとても象徴的である。
象徴的といえば、下宿先の鸚鵡もまたそうである。この鸚鵡のセリフやそれを言うタイミング。さらには最後の場面での鸚鵡の存在など、物語のとても大きなウエイトをしめている。

さらにいうと、鸚鵡の他にもさまざまな動物がでてきて、タイトルにも多く動物が登場する。たとえば驢馬や犬、ニワトリ、馬、キツネなどなど。その動物たち(本物の動物で内場合もあるが)もまた象徴的である。『家守綺譚』のタイトルにすべて植物の名称があてられていたが、(著者の真意はわからないが)多少それを意識しているのかもしれないなと思った。

根底に流れているテーマということで言えば、こういう記述もあった。
国(文明・文化・社会)が

繰り返すのだ。勃興、成長、成熟、爛熟、腐敗、解体。これは、どうしようもないのだろうか。


これは『裏庭』の内容を思い出させる。他にも、この本の中では土耳古の話だけに宗教的な内容も多く登場するが、そのあたりは『春になったら莓を摘みに』の中の

私たちはイスラームの人たちの内界を本当には知らない。分かってあげられない。しかし分かっていないことは分かっている。


なんていう部分を思い出させる。

(人種、文化、歴史、思想などの異なる)多様な人たちが登場するということは、自分自身を意識し、また他人との違いを意識し、その違いを受け入れた上で関係を築き上げていく。理解しようとする姿や、異なる物を受け入れようとする姿勢が見られ、そこにはなぜかやさしさというものが伴う。梨木香歩の作品では、そのあたりの記述がとても繊細になされており好きである。

1900年頃の土耳古ということで、常に国同士や宗教の争いが見え隠れしているのだが、後半にはその部分が顕著に物語にからんでくる。
そして村田を含め下宿の仲間たちもその争いに翻弄されていく。

読んでいて浮かんでくるイメージがモノクロームでもの悲しく、また寂しい雰囲気だったのは挿絵の影響ばかりではないだろう。

------------------------------
これまで文庫化された梨木香歩の本は新潮文庫ばかりだったが、今回は角川文庫ということで、本屋で購入される方はご注意を。

(いいなと思った記事))
●  村田エフェンディ滞土録 / 梨木香歩 (+ ChiekoaLibrary +)
 ……「おぉ、君たちも息災か!なにより!」に思わず笑ってしまった♪



amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
家守綺譚『家守綺譚』
著:梨木香歩 (新潮文庫)

アジヤデ『アジヤデ』
著:ピエール・ロティ (新書館)
ディクソン夫人とディミィトリスとのやりとりがあった一冊。
関連記事




  梨木香歩 トラックバック:1 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『水の巡礼』

水の巡礼『水の巡礼』 (角川文庫)
著:田口ランディ

「水と魂の繋がりを探して、十の聖地を巡る、心の旅行記。」(裏表紙より)

天河弁財天、渋谷の地下、屋久島、知床、出雲・・・、著者が水にまつわる10の聖地を巡る。
素直な視点と著者なりの論理を展開して、書かれているところはいかにも田口ランディらしい。
そんな文章は、やはりどこか心に染み入ってくる内容で、心を動かされることがある。

ふだん蛇口をひねればでてくる水、とても身近な存在で、だけど生きるためには欠かせない水。この本を読むと、水の循環、水の力、水の清らかさ、水の力強さなどなど水についていろいろなことを意識することになる。

しかし、この本では「水」を糸口として、さらに人の精神的な部分に切り込んでいく。その部分に共感したり反感を覚えたりすることで、この本は単純な水をめぐる紀行文に終わらず、さらに心に響く素敵な本になるだろう。

----------------------------------
追記:この本を読んで、『転生』『木霊』の内容についての理解がより深まった。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




  田口ランディ トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ノンフィクション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。