もみじの本屋 2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『ARIA』

『ARIA』 BLADE COMICS (マッグガーデン)
著:天野こずえ

女性が唯一ゴンドラをこぐことができる職業ウンディーネ(水先案内人)になるために惑星アクアへ来た灯里。シングル(半人前)からプリマ(一人前)になるべくARIAカンパニーのアリシアさんのもと修行中。
さまざまな人と出会い、いろいろな素敵体験をしながら今日もゴンドラを漕ぐ。灯里の光り輝く日常の話である。灯里とともにまったりとした時間の流れを感じてみてほしい。
一巻一季節で物語は進んでいくので、本を読むことで四季を意識できるのが、また素敵なところだ。
物語は『AQUA』からの続きなので、そちらを読んでから『ARIA』を読んだ方が物語や登場人物についてわかりやすいかもしれない。


ARIA1巻『ARIA』1巻
『AQUA』にでてきた登場人物がひととおり登場する。新しいキャラとしてはサラマンダー(火炎之番人)暁さんのお兄さんだけど、今回はちょい役である。
話は「ゴンドラの掃除」、「ため息橋の前での待ち合わせ」、「ゴンドラのマラソン大会‘ヴォガ・ロンガ’」などなど。
この巻ではネオヴェネツィアは落ち葉舞う季節。さり気ない一コマの舞い散る葉っぱも楽しみながら読んでみてほしい。
【Read More】

関連記事
スポンサーサイト




●マンガ トラックバック:0 コメント:2
コミュニティ( アニメ・コミック | オススメ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。