もみじの本屋 2009年10月

『詩人の夢』

詩人の夢『詩人の夢』 (ハルキ文庫)
著:松村栄子

『紫の砂漠』の続編。

これまで信じられてきた神話は揺らいで、世界は政変や争いが起こり混沌としていく。
またシェプシの心の傷、登場人物たちの思いや信念のぶつかり合い、前作と比べてかなり暗い雰囲気である。
しかし、前作同様の世界観を引き継ぎながらうまく話を展開しているなと感心させられた。(すこしだけ前作の終わりと矛盾もなくはないが。)
またそういった内容であるにも関わらず、ラストはいちおうハッピーエンドであり、後味は悪くなかった。

前作のネタばれになってしまうので、いろいろと内容に触れながらレビューを書けないのが残念である。
前作の終わり方に満足しているならばあまり勧めないが、前作の続きが気になる!という人は読んでみてはいかがだろうか。



amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
紫の砂漠『紫の砂漠』
著:松村栄子 (ハルキ文庫)

→ レビュー
関連記事




  松村栄子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | SF小説