もみじの本屋 2015年05月

『はるひのの、はる』

はるひのの、はる『はるひのの、はる』 (幻冬舎)
著:加納朋子 

『ささら さや』『てるてるあした』につづく佐々良の町を舞台とする3作目。
『ささら さや』ではまだ赤ん坊だったユウスケが成長し、主人公として話は展開されていく。
前2作を読んでいなくても十分に楽しめる内容だが、『ささら さや』だけでも読んでおくと登場人物に対する愛着がまた変わってくるだろう。

本作の主人公であるユウスケには他の人にはない不思議な力があった。
それは人に見えないもの、いわゆる幽霊をみることができるのである。
そんなユウスケの前に現れたハルヒという少女。出会うたび、ハルヒはユウスケにいろいろなお願いをしていくのだが。

佐々良の町が舞台ということで、前2作にも共通するやさしさ、やわらかさが本作にも流れていて、安心して読むことができる。



(関連書籍)
ささら さや『ささら さや』
著:加納朋子 (幻冬舎文庫)

→ レビュー



てるてるあした『てるてるあした』
著:加納朋子 (幻冬舎文庫)

→ レビュー

関連記事




  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

『犬はどこだ』

犬はどこだ『犬はどこだ』 (創元推理文庫)
著:米澤穂信

調査事務所を開業し、病み上がりのリハビリがてら働く主人公の紺屋。犬探しをするべく開いた事務所には友人の大南の紹介で失踪人捜しに古文書解読と想定外の仕事ばかりが舞い込んでくる。
これまた大南から話を聞き押しかけてきた大学時代の後輩、半田平吉ことハンペー。彼も所員として迎え、受けた依頼の解決に向け動き出す。

紺屋は失踪人捜しを、ハンペーは古文書解読を調査していくのだが、ところどころでリンクしていく二つの事件。
読み手はどこまで真相に近づけるだろうか。

飽きさせずサクサクと読めるのに、なかなかに読み応えのある一冊。


by ヨメレバ


関連記事




  米澤穂信 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー