もみじの本屋 2016年12月

『五日市剛さんの ツキを呼ぶ魔法の言葉 講演筆録』

ツキを呼ぶ魔法の言葉
『五日市剛さんの ツキを呼ぶ魔法の言葉 講演筆録』
原話:五日市剛

絵本を読んで気になったので、元となった講演筆録も読みたくなった。

絵本の内容は絵本であるがゆえに脚色も多いのではと思っていたが、思った以上に事実ばかりで驚いた。
特に箱の話は半分くらいが脚色だろうと思っていた。

そして絵本だけでは語られなかった、不良少女の家庭教師をした話(これは2作目の絵本になっているようである)や松下幸之助の話から部下の話まで、いずれも興味深かった。

実例を挙げて語られると真実味が増し、「ありがとう」、「感謝します」、「ツイてる」の3つの言葉をどんどんと使いたいと思ってくる。

言霊というのはたしかにあると思うので、3つの言葉を使うだけで少しでも前向きになれて、またそれらの言葉を積極的に使おうという動機になってくれる内容。



※アマゾンでは売っていなかったため、今回は楽天の画像を使わせていただき楽天にリンクをはっています。


(関連書籍)
ツキを呼ぶ魔法の言葉
『ツキを呼ぶ魔法の言葉  魔法使いのプレゼント』 - 絵本 -
原話:五日市剛 文:ほしのひかり 絵:古山拓 (マキノ出版)

→ レビュー


ツキを呼ぶ魔法の言葉
『ツキを呼ぶ魔法の言葉  不良少女の家庭教師』 - 絵本 -
原話:五日市剛 文:ほしのひかり 絵:古山拓 (マキノ出版)

関連記事




●ア行の作家 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー