もみじの本屋 『コルシア書店の仲間たち』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『コルシア書店の仲間たち』

コルシア書店の仲間たち『コルシア書店の仲間たち』 (文春文庫)
著:須賀敦子

まさにタイトルの通り、コルシア・デイ・セルヴィ書店の出入りしていた人たちの話である。
須賀敦子がイタリアへいっていたころのミラノにあった、ある理想の実現を夢見る若者たちの集った共同体、それがコルシア・デイ・セルヴィ書店である。

須賀敦子の視点から当時の状況が切々と伝わってくる。そして、そこに登場する須賀敦子の友だちや夫も生き生きと描かれる。

『ヴェネツィアの宿』のレビューでも書いたが、やはり須賀敦子のうつくしい文章に引き込まれてしまう。
そして読み終わった時には1960年代のミラノを実際に見てきたような気さえしてしまう。


(関連書籍)
ヴェネツィアの宿『ヴェネツィアの宿』
著:須賀敦子 (文春文庫)
関連記事




  須賀敦子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-191.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/191-aac6e14f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。