もみじの本屋 『赤ちゃんをさがせ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『赤ちゃんをさがせ』

赤ちゃんをさがせ『赤ちゃんをさがせ』 (創元推理文庫)
著:青井夏海

妻と称する3人の妊婦さんがでてくる「お母さんをさがせ」。3人の男性が父親だと名乗りをあげる「お父さんをさがせ」。そして表題にもなっている、問題のある新興宗教が登場したり拉致事件が起こったりして緊迫したストーリーで展開される「赤ちゃんをさがせ」の3話が収録されている。

自宅出産専門の助産婦をしている聡子さん、助産婦院の見習いをしながら聡子さんのお手伝いをする陽奈ちゃん。
この二人が行く先では、なぜかいつも奇妙な謎が待ち受けている。

そこで登場するのが伝説のカリスマ助産婦、明楽先生。
聡子さんの師でもある彼女は、鮮やかな推理で二人の抱えてきた謎を解く。

一風変わった助産婦メインの推理小説。

※「助産婦」という名称は「助産師」に変わっているが、改正前に執筆された作品なので、「助産婦」という名称が使われている。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
赤ちゃんがいっぱい『赤ちゃんがいっぱい』
著:青井夏海 (創元推理文庫)

『赤ちゃんをさがせ』の続編
関連記事




  青井夏海 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-214.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/214-a6c59902

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。