もみじの本屋 『レインレイン・ボウ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『レインレイン・ボウ』

レインレイン・ボウ『レインレイン・ボウ』 (集英社)
著:加納朋子

七色(なないろ)の虹の一色一色がタイトルにつけられた、7つの物語。
その7つの物語は、高校時代のソフトボール部のチームメイト一人一人に焦点をあてていく。

ある時、チームメイトの一人であった牧知寿子が死んだ。
その原因は何だったのか。そして知寿子ともっとも仲のよかった長瀬里穂はなぜ、通夜や告別式には来なかったのか。

このように書くと、殺人?犯人捜し?と思うかもしれないが、そこはメインではなく、高校時代の仲間との再会や仕事での新たな出会いから、登場する女性たちの成長する姿が魅力的に、そしてさわやかに描かれている。

みんなに信頼され慕われていた、かつてのチームのキャプテン片桐陶子。
彼女は『月曜日の水玉模様』の主人公でもある。
『月曜日の水玉模様』を読んだ人には、本作での彼女の何気ない言動が理解しやすいので、先に読むことをおすすめする。

例えば、第1話の「サマー・オレンジ・ピール」での渡辺美久との会話の中で「陶子さん、赤ちゃん欲しいの?」と聞かれた後の陶子セリフなどは、なるほどなと思うはずだ。
また、先に読んでいることで第7話での登場人物についても親しみが持てるだろう。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
月曜日の水玉模様『月曜日の水玉模様』
著:加納朋子 (集英社文庫)
関連記事




  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-228.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/228-36797ce8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。