もみじの本屋 『正しいひまわりの育て方』

『正しいひまわりの育て方』

正しいひまわりの育て方『正しいひまわりの育て方』 - 絵本 -
文・絵:津田直美 (ジー・シー・プレス)

おてんとう様も住む、美しい島の話。
黒い鳥の落とした種から大きなキノコが生えた。
キノコのせいで島には二つの穴があいてしまった。
それを悲しんだおてんとう様はとうとう病気になってしまう。
動物たちのためにおてんとう様はひまわりの種を渡す。

「私がお空にいないあいだ、この花に私の変わりをさせなさい。」
「ふつうにその種を育てればそれはただのひまわりになる。けれども正しく育てれば、きっと私と同じくらい大きくてあたたかな花が咲くでしょう。」


さてさて、動物たちは大きくてあたたかな花を咲かせることができるのだろうか。

美しい島、黒い鳥、二つの大きなキノコ、日本に落とされた原爆の比喩ということは容易に想像がつく。
だけどそこは物語のはじまりであって、この絵本はその先にある希望を描いてくれている。
もちろん、そんな比喩なんて考えなくても一つの絵本として十分に楽しめる内容だ。

パステル調のやわらかな絵で描かれる動物たちがとてもかわいい。
そして、表紙のおんどりがもっている植木鉢には‘today’と書いてあって、裏表紙のひよこの植木鉢には‘tomorrow’と書いてあるのがまたおもしろい。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る
関連記事




●絵本 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 絵本

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-246.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/246-465a0629