もみじの本屋 『トリツカレ男』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『トリツカレ男』

トリツカレ男『トリツカレ男』 (新潮文庫)
著:いしいしんじ

主人公のジュゼッペ、彼こそがトリツカレ男である。
本当にさまざまなモノにとりつかれる。
オペラに三段跳び、探偵ごっこ、昆虫採集、外国語の通信教育、なぞなぞ、カメラ集め、潮干狩り、腹筋に背筋、誰もみたことがないほどばかでっかい雪だるまづくり、ナッツ投げ、そしてハツカネズミの飼育などなど。
ハツカネズミの飼育をしてたとき、ジュゼッペは親においていかれた人間の言葉をしゃべるハツカネズミと知り合い、親友のような、相棒のような、とてもいいパートナーになる。

一度とりつかれたら、一心不乱にそれに熱中、他のことは一切気が向かなくなる。
そして誰も敵わないくらいすごくなる。
そんな調子だから街のみんなもあきれて、ばかなトリツカレ男なんていわれるけど、でもみんなそんな彼を楽しみにしていて、実はすごく人気者なのだ。

ある秋の日、サンドイッチづくりにとりつかれていたジュゼッペは、サンドイッチをもってハツカネズミと公園に散歩に出かけるのだが、そこでまたとりつかれてしまう。
とりつかれてたのは風船売りの女のこ。
とにかくその女のこのためにいろいろなことをしてあげる。
女のこの笑顔に灰色のくすみを見つけると、ハツカネズミにたのんでその原因を探ってきてもらい、そして陰で解決してあげる。

この本のレビューをいろいろ読んで、純愛とかピュアなラブストーリーとかいろいろ書いてあったけど、その女のこのために尽くしてあげるその姿はまさに純粋な愛かもしれない。
そんななかおもしろいなと思ったのは「今までにはないタイプの、極上の王子様像。」という評。これはなるほどなって思った。
でも、この物語はジャンルで分けるならラブストーリーではないだろう。
いいジャンルを思いつかないがもっとさらりとした、それでいてやさしいジャンル。
だからラブストーリーがあまり好きでない人でもきっと楽しめる本。

シンプルな展開が心地よく、終盤はストレートに胸をうつ。
とてもおすすめの一冊なので是非読んでみてほしい。

(TBさせてもらった記事)
→ ◎「トリツカレ男」 いしいしんじ ビリケン出版 1365円 2001/10(「本のことども」by聖月)
→ いしいしんじ【トリツカレ男】(ぱんどら日記)
→ トリツカレ男      ~いしい しんじ~(My Favorite Books)


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




  いしいしんじ トラックバック:3 コメント:2

コメント

>す~さん
はじめまして!コメントありがとうございます。
す~さんさんとするべきか迷ったけど、す~さんとお呼びさせていただきますね。

いろんな人におすすめしたい本ですよね♪
ほんとにハートウォーミングな作品だと思います。
「ことの次第」を読んでいるときは、涙が止まりませんでした。

いしいしんじさんの本、とくに『ぶらんこ乗り』とか難解な部分がありますよね。
この本はたしかにストレートな内容で読みやすかったです。

2006 10/21 大葉 もみじ 編集


初めまして
お薦めのとこにあったのでこちらにコメント残します。
まさしくこの本はお薦めです。
最後はほんわかとしたハートウォーミングなエンディングで感動したことを覚えてます。
いしいしんじはちょっと難解なところもあるんですが、
この作品はシンプルで読みやすかったです。

2006 10/21 す~さん 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-253.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/253-c0a7af58

トリツカレ男      ~いしい しんじ~

トリツカレ男「ジュゼッペ」はいろんなものに取り付かれている。今日はたまたま観たオペラに取り付かれ何を言うにもメロディーをつけて話す。それに飽きたら今度は三段跳び。その後はサングラス集めに探偵家業。

2006年10月21日 My Favorite Books

いしいしんじ【トリツカレ男】

ピンク・レディーの最大のヒット曲『UFO』は、オリコン枚数155万枚、出荷枚数195万枚を記録し、1978年の日本レコード大賞を受賞している。いま思えば『UFO』って歌詞がすごいと思うのよ。当時は子供だったから、

2006年10月02日 ぱんどら日記

◎「トリツカレ男」 いしいしんじ ビリケン出版 1365円 2001/10

3年くらい前の書評かな? 昔、ある雑誌の企画で"ハートウォーミングな本"の特集というのをやっていた。心温まる本の特集である。評者にとっては、ちょっと興味をひかれない企画であった。本を読んで心温まるなんて、若い女性のための企画、薩摩隼人たる評者が相

2006年09月30日 「本のことども」by聖月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。