もみじの本屋 「フラガール」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「フラガール」

フラガール「フラガール」 (2006 日本)
監督:李相日
主演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優

この映画は福島県いわき市に常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)ができるまでの話である。
常磐鉱山が閉山に追い込まれていた昭和40年代、反対の声が多い中、町のため、家族のため、そして自分のために炭鉱の娘たちがフラダンスをはじめる。

松雪泰子、蒼井優の力強いダンスには圧倒される。
また南海キャンディーズのしずちゃんが笑わせてくれる。
ジェイク・シマブクロの音楽もいい。
あの音楽、ダンスは是非とも映画館で見てほしい。

→ 「フラガール」公式サイト
→ 「フラガール」公式ブログ
→ スパリゾートハワイアンズ


(記事)
→  蒼井 優の『フラガール』を観てきた。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
→ 愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目) (ON THE ROAD)
→ 「フラガール」観た! (ふくらはぎの誘惑曲線PARTⅡ)
→ フラガール (Akira's VOICE)



(関連商品)
フラガールフラガール
関連記事




○映画感想 トラックバック:15 コメント:5
コミュニティ( 映画 | 映画感想

コメント

>傷だらけの天使さん
はじめまして、コメント&TBありがとうございます。

そうですね、あの本格的なダンスが感動的な話を盛り上げていますよね。
本当に一生懸命練習したことだろうと思います。
特に松雪泰子さんと蒼井優さんには脱帽です!

傷だらけの天使さんの記事を読んで知ったのですが、ストーブを集めるシーン、あれも実話だったんですね!驚きました。
さすがに木に抱きついて寝たりはしなかったでしょうけど(笑


>hoy.さん
福島弁で平山先生が早口でまくし立てられるシーン、ほんとに何を言ってるのかわかりませんでした(笑
あの福島弁と炭鉱の職人気質というか昔気質というかそういったところが妙に合っていて、時代の変化について考えさせられました。

スパリゾートハワイアンズに何度か行ったことがあると書かれていましたが、フラダンスもご覧になったことはあるのでしょうか?
うらやましいです!
今はきっとこの映画の影響ですごいことになっていそうですねw

2006 10/06 大葉 もみじ 編集


こんばんは。
昨日この映画観てきました!
おかげさまで号泣。涙腺大爆発でした。

私もまた、数年前に福島に転勤し、今溶け込みつつあるヨソ者なのですが。
あの映画で福島弁を指導された方は、タイヘンだったでしょうね(笑)
今でも早口でまくし立てられると、聞き取れません・・・

TBさせてね。
ではまた!

2006 10/06 hoy. 編集


はじめまして。
傷だらけの天使と申します。
同じ映画を観たのでTBさせていただきました。

感動的な話もあの本格的なダンスがあってこそ活きていた思いました。
役者さんの頑張りと好演が感じられた映画でした。

2006 10/05 傷だらけの天使 編集


>TATSUYAさん
はじめまして!
コメントとTBどうもです。

福島弁、ほんといい味を出してました。
平山まどかが徐々に福島弁をしゃべっていくのはなんだか微笑ましかったです。
そして駅のホームで手話の要素のあるフラダンスで気持ちを伝えるところがジーンときました。
ほんといい映画でしたね♪

2006 10/05 大葉 もみじ 編集


達也です。

『フラガール』観てきました。
「ダンス、教えてくんちぇ」の福島弁と、
粋な女達の熱い思いと生き様。
そしてラストに魅せるダンスシーンが、
胸と目頭を熱くする、いい映画でした。
蒼井 優の瑞々しい演技も、松雪さんの
カッチョいい演技も良かったですが、
これが実話だという一言で、
同じプロットの「スイングカールズ」を
超えている気がします。
GO!フラガール、世界へ。

P.Sトラバさせてくださいね

2006 10/05 TATSUYA 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-256.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/256-7dae04d1

フラガール&ベノワ

フラガールは内容が実際の話が元になってる昨年の邦画No.1だったけど全体的に良くて最後の方のフラの所は泣く事は無かったけども凄く感動して松雪泰子の先生に蒼井優と富司純子の親子なども凄く良く大満足だったしベノワは今も受け入れる事は出来ず悲しいが謹んでご冥

2007年06月27日 別館ヒガシ日記

フラガール-(映画:2007年25本目)-

監督:李相日出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子評価:96点公式サイト先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。蒼井優は助演女優賞を受賞。評判どおりの素晴らしい映画だった。しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい泣き....

2007年02月24日 デコ親父はいつも減量中

昨年の邦画1位は「フラガール」

映画専門誌「キネマ旬報」が、2006年度の映画ベストテンを発表しました。今回で80回目となる「キネマ旬報は、女性監督や若い世代の作り手が高い評価を得たのが特徴だそうです。わたしも今回選出された映画は観に行きました。さすがに心に響くモノがありました...

2007年01月10日 秘伝!夢のネット生活♪

フラガール 2006-64

「フラガール」を観てきました~♪昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、本格的なフラダ

2006年11月25日 観たよ~ん~

映画「フラガール」

泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋めに構想され

2006年11月11日 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画「フラガール」を観てきた

昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り切るために,炭鉱会社は坑道から湧出する温泉を利用したレジャ

2006年11月04日 何でも見てやろう

フラガール 06年205本目

フラガール2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、今年見た中...

2006年10月28日 猫姫じゃ

シネカノンの挑戦!『フラガール』

後半1/3は泣きっぱだった。 (/_<。)ビェェンどーしょーもない『涙そうそう』(レビュー)の翌日に観たから、その分泣けたのかも(爆)『涙そうそう』の舞台挨拶チケ取りの為に、この舞台挨拶を回避したのが悔やまれる。キャストと一緒に泣きたかったわぁ。・°°・(&g

2006年10月09日 |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

今年の邦画ベストワン候補「フラガール」

米アカデミー賞にも日本代表として出品されますね。そんなに期待せずに見たのに今のところ今年の邦画ベスト1に選出したい「フラガール」が9月23日より公開されます。昭和40年エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち。そこでは北国をハワイに変えようという起死回生

2006年10月08日 bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ

「フラガール」

間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを育てるため

2006年10月07日 やまたくの音吐朗々Diary

フラガール

感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!

2006年10月07日 Akira's VOICE

「フラガール」観た!

「おい、いわきのハワイアンズで映画の撮影があるらしいぞ」「しずちゃんが出演するんだってよ」「エキストラ募集してるけど、どうする?」「なんだって!しずちゃんと競演、したいよなぁ」なんて会話をしてたのが、去年のこと。その映画が、ついに封切られました。「フラガ

2006年10月06日 ふくらはぎの誘惑曲線PARTⅡ

愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目)

うっ!ダメだ!キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!!な・・涙が止まらないでも・・・オレだけじゃないよ。場内の暗闇のあちこちから聞こえる。グスン・グスンと鼻をならす音どんなに辛く悲しくても   「おどっぺ」と未来に向う彼女らにもう館内のあちこちで涙・・・でもい

2006年10月05日 ON THE ROAD

蒼井 優の『フラガール』を観てきた。

人生には、降りられない舞台がある。フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司) / いやー、えがったんでないの。皆も見てくんちゃい! と、思わず福島弁が出ちゃうくらいノリノリの映画『フラガール』を観て来た。

2006年10月05日 TATSUYAのシネマコンプレックス

フラガール

フラガール(ふらがーる)はシネカノン制作・配給の、2006年9月23日全国公開した日本映画です。

2006年10月04日 気ニナルコトバ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。