もみじの本屋 『椰子・椰子』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『椰子・椰子』

椰子・椰子『椰子・椰子』 (新潮文庫)
著:川上弘美 絵:山口マオ

川上弘美の描くヘンテコな話。半分は夢の内容なのだそうだ。
春夏秋冬と日記形式で進んでいき、それぞれの季節に短編が添えられている。
そして文庫本では秋に「ぺたぺたさん」も収録されている。

すごく変な世界なのに、なぜかじんわりと心に入ってくる。
会社のコピー機の裏に4歳くらいの女の子が住み着いたり、町内会副会長をしている殿様が登場したり、二百十日に飛ばされてきたものを物色しに行ったりと本当に独特の世界観である。

登場人物もまた変わっていて、小学6年生くらいの身長のもぐら、ジャンとルイというしゃべる鳥、山本アユミミなんていうかわいらしい名前の女性、しりとりのように名前がつながっていて故事をつかうお隣さんなどなど多彩だ。

そんな話に山口マオの独特の絵や作品の写真が実に合っている。
ここまでしっくりくる絵や作品はないだろうとまで思える。
たくさんの愉快な作品がつまっているので、きっと山口マオの絵が好きな人も楽しめるだろう。

荒唐無稽、でたらめな物語を楽しめるそんな一冊である。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




  川上弘美 トラックバック:0 コメント:2
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

>pochijunさん
お久しぶりです!コメントありがとうございます♪

「わにわにさんシリーズ」は有名ですよね。
あと山口マオさんと言えば猫の絵、『ふしぎな笛ふき猫』なんかが好きです。文は北村薫さんですし。
『椰子・椰子』の中にでてくる作品も素敵ですよ♪

> そしてお願いですが、当方のブログにリンクさせてもらってよろしでしょうか。

もちろんです。リンクフリーなので好きなようにはってやってください。
こちらも「my blog list」に加えさせていただきますね。

2006 11/05 大葉 もみじ 編集


久しぶりにあそびにきたら
一段と充実していてびっくりしました。
山口マオさんは、絵本『わにわにのおふろ』をはじめとした、わにわにさんシリーズを描いていると思うのですが…
川上弘美さんの文も気になるので読んでみます。

そしてお願いですが、当方のブログにリンクさせてもらってよろしでしょうか。

2006 11/04 pochijun 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-276.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/276-b6aa38b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。