もみじの本屋 『スキップ』

『スキップ』

スキップ『スキップ』 (新潮文庫)
著:北村薫

いわゆる「時と人の3部作」の一つである。
昭和40年代初め、高校2年生の一ノ瀬真理子は千葉の女子校に通っていた。体育祭や文化祭に青春を謳歌する彼女。

体育祭の日、雨が降り出し途中で中止になってしまう。親友の池ちゃんと体育館ですこし話したあと家に帰り、いつものように応接間においてあるステレオでクラシックのレコードをきいていた。
そしてついうとうととしてしまう。


目が覚めた時には音楽はとまっていた。
いやそれどころか違う時、違う場所にいたのである。
彼女は42歳の一ノ瀬真理子になっていた。

17歳の真理子がタイムスリップしたのか、それとも42歳の瀬真理子が記憶喪失になってしまったのかはわからない。
しかし、心は17歳、体は42歳、そして夫も娘もいるという事実にただただ困惑する。
さらに、真理子は高校の国語教師として働いていたのだ。

25年の変化した部分、昭和40年の流行、そして高校の描写、どれも丁寧に描かれていて感心した。
また読み終えたあとのなんとも言えない爽やかな感じ、好感を持てる素敵な登場人物、さすがは北村薫である。

今の自分を形づくる、大切な記憶。
時は不可逆的であり残酷に流れる。
しかし、だからこそ一生懸命に今を生きたい。
読み終えて、そんなことを思ったりした。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
ターン『ターン』
著:北村薫 (新潮文庫)

リセット『リセット』
著:北村薫 (新潮文庫)
関連記事




  北村薫 トラックバック:1 コメント:4
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

>tomomiさん
はじめまして。
コメントとTBありがとうございます!

そうですね、天職だったのでしょうね。
読んでいても、さりげなく出てくる国語の話がおもしろかったです。
「唐」の話とか木偏に秋とか。

北村薫さんの作品の読んでいてどこかせつなくなるあの雰囲気が大好きです♪

2006 12/21 大葉 もみじ 編集


こんばんは
現在この3部作の2冊目『ターン』を読書中です。『スキップ』がとても良かったので、残り2冊も購入してみました。
『スキップ』は本当に、主人公もそれをとりまく人々も、皆素敵な人ばかりでした。
教職をこなしてしまう度胸と器にビックリした!
やっぱり天職だったんですかね。

2006 12/20 tomomi 編集


>ぴーちさん
浅田次郎さんの作品ですね。
彼の作品はあまり読まないので『地下鉄に乗って』も読んだことがないのですが、なんとなくあらすじは知っています。映画としてもおもしろそうな作品ですよね。

『スキップ』は読んでいると高校時代なんかを思い出します。そしてなんだか気持ちが若くなってきます。
本の主人公だけでなく、読者も時間をスキップさせてくれる本ですよ♪
機会があれば、また読んでみてください。

2006 11/17 大葉 もみじ 編集


こんばんは^^
『タイムスリップ』ものの本なのですが、
今映画でも公開している『地下鉄に乗って』を読み始めました。昭和30年代に
タイムスリップしてしまうらしいのですが。この『スキップ』という話も、面白そうですね!
そういえば、以前『時をかける少女』も
時間が忙しく行き来しましたよね。
今度、捜してみます!

2006 11/16 ぴーち 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-280.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/280-070a38bc

今日の1冊:"スキップ" by 北村薫

"わたしは、ひとつの物語である。誰もが一冊の本であるように。"うとうと昼寝をした「わたし」は、一ノ瀬真理子、17歳。目覚めた「わたし」は、桜木真理子、42歳。結婚して子供もいる高校教師、桜木真理子という

2006年12月20日 grumpy monkey