もみじの本屋 『たのしいムーミン一家』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『たのしいムーミン一家』

たのしいムーミン一家『たのしいムーミン一家』
原題:『Trollkarlens Hatt』
著:トーベ・ヤンソン 訳:山室静 (講談社文庫)

原題「魔物の帽子」からもわかるようにこの物語は不思議な帽子の話。
冬眠からさめたムーミントロール、スナフキン、スニフの3人が山のてっぺんで真っ黒なシルクハットを見つける。
その帽子は不思議な魔法の帽子だったのだ。

帽子のせいで起こる不思議な事件、冒険号で行くニョロニョロの島、飛行おにの話、そしてトフスランとビフスランのもっているスーツケースとおそろしいモラン。
ムーミン谷の住人たちと一緒に、そんな物語を楽しめる一冊。

ムーミンシリーズに登場するものたちは、みんなとっても個性的。そのせいでときどきケンカもするけど、でもみんながみんなを認めあっている。
善悪にこだわらず、恐ろしい存在でさえも受け入れる彼らの世界はとっても愉快。

フィンランドの作品らしい郷愁も漂わせつつ、でもほのぼのとした物語を是非楽しんでほしい。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
ムーミン谷の彗星ムーミン谷の仲間たちムーミン谷の夏まつりムーミン谷の冬

ムーミンパパの思い出ムーミンパパ海へ行くムーミン谷の十一月

小さなトロールと大きな洪水『小さなトロールと大きな洪水』
著:トーベ・ヤンソン (講談社青い鳥文庫)

関連記事




  トーベ・ヤンソン トラックバック:0 コメント:4
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

次女がまとめて五冊を貸してくれましたので、とうとう、読み始めてしまいました。とりあえずは「たのしいムーミン一家」を読みました。
なんという家庭なんでしょう。訪れるものたちはみんな受け容れてしまう。ムーミンママがいいですねぇ。

2007 02/06 ディック 編集


>ぴーちさん
アニメのムーミンもいいですよね♪
昔、毎回欠かさず見てました。
でも、本の方はアニメとは少し印象が違います。
とくにスナフキンのイメージが全然ちがいました。
アニメの方も本の方もスナフキンはかっこいいですけどね♪
ちなみに好きなキャラクターはスニフとミイですw



>ディックさん
Yahooで懐かしいアニメをいっぱいやってますよね!世界名作劇場とか・・。
そう、スナフキンは人間じゃないんですよ。
(ムムリクの父とミムラの母をもつ)ムムリクで、しかもミイの異父兄弟なんですよ。(『ムーミンパパの思い出』より)
いまムーミンにはまっていて、シリーズを全部読んでいるところです♪

2006 12/06 大葉 もみじ 編集


Yahoo! でムーミンの動画をずっと放送しているとか…。次女(大学生)がはまっていて、毎日見ているようです。スナフキンは人間じゃないんだよ、とか、いろいろと教えてくれます。
本も買って読んでいるようです。

2006 12/05 ディック 編集


もみじさん、こんばんは♪
ムーミンって、懐かしいですね^^
この本は読んだことが無かったのですが
TVでのアニメではよく観ていた記憶があります。
スナフキンって、さすらう姿がかっこいいなと思ったのを覚えていますね^^
ムーミンのパパさんがまた、素敵でした!

2006 12/05 ぴーち 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-285.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/285-06250fd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。