もみじの本屋 『いいかげんに片づけて美しく暮らす』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『いいかげんに片づけて美しく暮らす』

いいかげんに片づけて美しく暮らす『いいかげんに片づけて美しく暮らす』 (集英社be文庫)
著:岩里祐穂

作詞家の岩里祐穂の著書。マンション暮らしや中古の家をリフォームした経験から彼女流の家づくりについて書かれている。
インテリアの本ということで、綺麗な写真も多数収録されている。
ただ、インテリア雑誌の感覚で手に取ると写真の数が少なく感じるかもしれない。

「いいかげんに片づける」といっても「散らかしっぱなしにする」という意味ではなく、‘いいかげん’は‘よいかげん(良い加減)’だという、片づけに対する一つの考え方を示してくれている本だと思う。

個人的には「とりあえずワゴン」や「ほうり込めばオッケーBOX」など、いいなと思うアイデアもいろいろとあった。

今住んでいる家や部屋がしっくりこないという人におすすめの一冊。



amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




●ア行の作家 トラックバック:0 コメント:5
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

>亜里沙(arisa)さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
良い按排で美しい部屋、これが案外難しいんですよね。
でも感覚的なもので人それぞれのような気もします。
個人的には物は出ていても、掃除などが行き届いていて綺麗な部屋ならいいのかななんて思います。

ところで「按排」なのですが、調べてみると「案配・塩梅・按排・按配」と出てきました。
意味はどれも同じだったのですが、「塩梅」は「えんばい」から転じてきた語で本来は塩と梅酢で調味することから味加減をさす言葉、「按配・按排」とはもともと別の語源なのですね。あと一番よく見かける「案配」は実は代用字だったのですね。
調べてみてはじめて知りました。

ちょっと今は忙しさにかまけて開店休業中のblogですが、まだまだたくさんの本を紹介していこうと思っているので、また見に来てくださいね♪

2007 02/04 大葉 もみじ 編集


良い按排(あんばい)で美しい部屋にいつもいたいと思ってはいるのですが。。。実際は難しいですね。この本で勉強した方がいいのでしょうね~~。

2007 01/28 亜里沙(arisa) 編集


>ぴーちさん
こんばんは!
返事が大変遅くなってしまってすみません。

けっこうおもしろかったです。
そのままマネはできないけど、応用できそうなちょっとしたアイデアは、たくさんありました。
何より、この本を読んでいて部屋を片づけようという気になりました。


>明楽さん
コメントありがとうございます!初コメント?
このタイトルは惹かれますよねw
ちなみにこの本の著者さんは坂本真綾さんの歌の作詞もしていたりして、そこから知りました。

2007 01/26 大葉 もみじ 編集


ちょっと気になるかも…

2007 01/23 明楽 編集


こんばんは^^
もみじさん。
この本、面白そうですね!
私も子供達が何でもそこいらに散らかしたりしますので、どうしても乱雑になってしまいがちなのですが、とりあえずワゴンなんていいじゃありませんか!
見つけたら読んでみますね^^

2007 01/10 ぴーち 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-292.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/292-b61fa513

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。