もみじの本屋 『水の巡礼』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『水の巡礼』

水の巡礼『水の巡礼』 (角川文庫)
著:田口ランディ

「水と魂の繋がりを探して、十の聖地を巡る、心の旅行記。」(裏表紙より)

天河弁財天、渋谷の地下、屋久島、知床、出雲・・・、著者が水にまつわる10の聖地を巡る。
素直な視点と著者なりの論理を展開して、書かれているところはいかにも田口ランディらしい。
そんな文章は、やはりどこか心に染み入ってくる内容で、心を動かされることがある。

ふだん蛇口をひねればでてくる水、とても身近な存在で、だけど生きるためには欠かせない水。この本を読むと、水の循環、水の力、水の清らかさ、水の力強さなどなど水についていろいろなことを意識することになる。

しかし、この本では「水」を糸口として、さらに人の精神的な部分に切り込んでいく。その部分に共感したり反感を覚えたりすることで、この本は単純な水をめぐる紀行文に終わらず、さらに心に響く素敵な本になるだろう。

----------------------------------
追記:この本を読んで、『転生』『木霊』の内容についての理解がより深まった。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




  田口ランディ トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ノンフィクション

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-294.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/294-73a56f51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。