もみじの本屋 「パッチ・アダムス」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「パッチ・アダムス」

GET RICH OR DIE TRYIN「パッチ・アダムス」 (1998 アメリカ)
監督:トム・シャドヤック
主演:ロビン・ウイリアムズ、モニカ・ポッター、フィリップ・セイモア・ホフマン

パッチ・アダムスは医者と患者は対等であり、また患者も医者でありうるという考えのもと、単に病気や怪我の治療をするだけの医者でなく、笑いによる医療を、そして心の医療を実践する医者を目指す。そんなパッチ・アダムス(ハンター・アダムス)の実話の物語。

見終えてみての感想は素直に感動した。
笑えるし、泣けるし、考えさせられるし、また物語のテンポもよくて、俳優もみんないい味をだしている。映画としてシンプルにできがいいものであると思う。
いろいろな人にすすめたい映画の一つ。



(関連商品)
パッチ・アダムスと夢の病院文庫『パッチ・アダムスと夢の病院』
著:パッチ・アダムス、モーリーン・マイランダー 訳:新谷寿美香
(主婦の友社)
関連記事




○映画感想 トラックバック:0 コメント:2
コミュニティ( 映画 | 映画感想

コメント

>ぴーちさん
いつもコメントありがとうございます!
そして応援ありがとうございます!!

最初のほうで患者さんをネタにして笑ったりとちょっと微妙な部分もありましたが、そのあたりは目をつぶるとして、すごくいい映画でしたね♪
最後のほうで
「I've laughed with them. I've cried with them. This is what I want to do with my life. And as God is my witness.」(共にい、共に泣いた。生涯そのような医師として生きたい。神が証人です。)というセリフをいうシーンがよかったです。

カリンさんの話は実話なのかな?それとも脚色なのかな?ちょっとわかりませんが、映画としては大きなターニングポイントですよね。
蝶々がとまって空に舞い上がっていくシーンが印象的でした。

写真などで見ると実際のパッチ・アダムス先生はヒゲがとっても素敵なおじさんですよw

2007 07/22 大葉 もみじ 編集


こんばんは!もみじさん^^
もみじさんのご紹介ということで、
先日興味を持ちまして、昨日レンタルして
観賞してみました^^
ご紹介いただきまして、ありがとうございました^^
パッチ・アダムス先生の考え方は本当に
感動しました。人を笑わせることが出来る人は頭が良い人だという事を、以前聞いたことがありますが、まさにかれこそ、その理論に
当てはまる素晴らしい人物でした!
ちょっと、癖はありましたが(下ネタ)
まあ、愛嬌ということで^^
カリンさんの衝撃的な結末。
可哀相でした・・・。まさか!でした。

では、またお邪魔いたします^^
応援もして帰りますね!
では^^

2007 07/21 ぴーち 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-307.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/307-996fa34d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。