もみじの本屋 『魔法飛行』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『魔法飛行』

魔法飛行『魔法飛行』 (創元推理文庫)
著:加納朋子

『ななつのこ』の続編。
今回は駒子が物語を書く話である。

この本は色のついた本だと思う。もちろん中身に色がついているわけではなく、登場人物たちの着ている服の色はもちろん、白い雲広がる空に浮かぶ赤い風船など、何気なく読んでいてもさらりと書かれた風景の描写に、なぜかぱーっと鮮やかな色のイメージが広がるのだ。

中に「クロスロード」という話がある。これはなかなか怖かった。この話を読んで、加納朋子はこういう雰囲気の作品も書けるのかと妙に感心してしまった。のちに『沙羅は和子の名を呼ぶ』『コッペリア』へとつながっていく一話のような気がする。
また怖いといえば、途中にでてくる手紙も謎めいていて妙に怖い。

個人的に印象に残っているのはスプートニク二号に乗せられた旧ソビエトのライカ犬クドリャフカについての記述と、「大丈夫、やつらは羊かきで、太平洋を横断するんだよ」というセリフ。後者は読んだときに、思わず笑ってしまった。

『ななつのこ』も『魔法飛行』も菊池健による表紙のイラストがとても綺麗である。
しかもそのイラストは本を読み終えて、再び見たときによりいっそう素敵に思える絵なのだ。
是非読み終えたあと、もう一度表紙のイラストを眺めてみてほしい。

(TBさせてもらったblog)
→ 魔法飛行(備 忘 録)


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る



(関連書籍)
『ななつのこ』 加納朋子 (創元推理文庫)
『スペース』 加納朋子 (創元クライム・クラブ)
関連記事




  加納朋子 トラックバック:2 コメント:4
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

コメント

littleappleさん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございます。

『ななつのこ』も『魔法飛行』もおもしろいですよね。
加納さんの作品は、これらの作品に代表されるように主に日常の謎を取り扱っているので、推理小説の枠を超えて楽しめる本だと思います♪

梨木香歩さんもいいですよね!
『西の魔女が死んだ』は梨木さんの作品の中で一番好きです。やさしさにあふれている印象があります。

2005 11/20 大葉 もみじ 編集


おはようございます
(o*。_。)oペコッ

ご挨拶にお邪魔するのが遅くなってしまって、
ごめんなさい。
無事(?)、読了いたしました(笑)。

そして、いつもながらありがとうございます。
もみじさんがお勧めしてくださる本は、
外れがないので、助かってます。
(*'ー'*)ふふっ♪

だからかな。
『魔法飛行』も楽しく読むことができました。
色のイメージから広がるお話…。
お話を伺って気がつきました(笑)。
言われてみると、駒子のコートの色や茜さんの紫(っていうのかな。自分のイメージはもう少し明るいのですが)が読んでいるときには思い浮かびましたし、
今はその残滓が蘇ってくる気がします。

これを機会に加納さん、
少しずつ読み進めていこうかなって思ってます。
その前に『西の魔女』読んでしまおう(笑)
(『裏庭』には手をつけたのだけど↑は積読本になってるんです(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪。せっかくだから)

何はともあれ、本当にありがとうございました
それでは、また伺いますね

追伸
TBありがとうございました。
大遅刻ですけど私もTBさせていただいちゃいます♪

2005 11/19 littleapple 編集


こちらにもコメントありがとうございます♪

そうなんです、駒子が物語を書くんですよ。
細かいいきさつは本の最初に書かれています。
是非読んで確認してみてください。

鮮やかな色のイメージ、個人的には色のイメージの広がる本がとても好きなのです。『西の魔女が死んだ』も野イチゴなどさまざまな植物の色が広がる作品だったので、とても気に入りましたし。
色のイメージが広がる作品にはまだあまり出会っていないので、そういう意味では、この『魔法飛行』はかなりお気に入りの作品のひとつです。

またレビューを楽しみにさせてもらいますね♪

2005 11/04 大葉 もみじ 編集


せっかくなのでこちらの記事も、
と欲張ってしまいました(笑)
駒子が物語を書くですって???
オオーw(*゜o゜*)w 
かなり驚いてます(笑)

それに、鮮やかな色のイメージが広がるって素敵ですね。
来週になったら図書館でゲットしてきます!

2005 11/04 littleapple 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-31.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/31-17a71134

「魔法飛行」加納朋子

タイトル:魔法飛行著者  :加納朋子出版社 :創元推理文庫読書期間:2005/11/21 - 2005/11/22お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]もっと気楽に考えればいいじゃないか。手紙で近況報告するくらいの気持ちでね-という言葉に後押しされ、物語を書き始めた駒

2005年12月06日 AOCHAN-Blog

魔法飛行

以前に’幸せな推理小説’と評した「ななつのこ」のシリーズ続編の連作短編集。とはいえ、短編と言うにはいささか長い。なので、短編と中篇の間といったところかも知れない著

2005年11月19日 備 忘 録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。