もみじの本屋 『モノレールねこ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『モノレールねこ』

モノレールねこ『モノレールねこ』 (文芸春秋)
著:加納朋子

8編の短編が収められた短編集。
肩の力を抜いて読めるものから、「生と死」あるいは「家族」について考えさせられるような内容のものまであり、どの話もすごくよかった。

ここでは個人的に特に印象に残った「パズルの中の犬」と「バルタン最後の日」を紹介しようと思う。
表題作の「モノレールねこ」に関しては、以前に『ありがと。 あのころの宝もの十二話』で少しふれたので、今回は端折ることにする。

「パズルの中の犬」は、待つことが苦手な‘私’が夫が帰ってくるのを待つ間にするのがパズルだった。あるときフリーマーケットで新古品の「白いパズル」を買う。少しずつパズルが出来上がっていくにしたがって、パズルの中にある気配を感じ始める。それは犬だった。

自分の中に秘められた謎を追い求めていく、加納朋子の作品にみられるひとつの形である。そして、ある真実に辿り着いたとき自分自身のなかで何かがほどけるような、あるいはパズルのピースがストンとおさまる場所に収まるような感覚を、その作中の人物とともに読者も味わうことができる。この「パズルの中の犬」もそういった作品の一つである。

「バルタン最後の日」は、公園の池に住んでいた若いザリガニはあるとき人間の子どもに釣りあげられてしまう。そしてそのザリガニはその子の家庭で百円ショップで購入されたタッパーウエアの水槽のなかで飼われることとなる。この話はそのザリガニの視点でその一家の姿を描いた作品である。

人間以外の視点から描かれる世界は、それが深刻であったり、悲しいことであっても、どこか滑稽でおもしろみがある。
この作品においても例外ではなく、一家はいろいろな悩みを抱えていて、ザリガニにその悩みを打ち明けたりするのだが、それに対するザリガニのコメントや行動に思わず笑ってしまう。

(収録作品)
モノレールねこ
パズルの中の犬
マイ・フーリッシュ・アンクル
シンデレラのお城
セイムタイム・ネクストイヤー
ちょうちょう
ポトスの樹
バルタン最後の日


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




  加納朋子 トラックバック:0 コメント:2
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

>rachelsさん
お久しぶりです!
同じく加納作品の中では新鮮に感じました。
これを読んでいてふと思い出したのがいしいしんじさんの『雪屋のロッスさん』のなかの「ポリバケツの青木青兵」です。こちらは生物ですらないのですが(笑

実は宮部みゆきさんは食わず嫌い(読まず嫌い?)で、彼女の本を手に取ったことさえなかったりします。
でも、せっかくおすすめいただいたので、今度読んでみたいと思います♪

2007 10/12 大葉 もみじ 編集


お久しぶりです。
バルタン面白いですよね!
個人的にザリガニのキャラクターは加納作品の中では新鮮に感じました。ハードボイルド風な感じ。
既読でなければ、宮部みゆきさんの『パーフェクト・ブルー』『心とろかすような』もいけると思いますよ。
こちらは元警察犬のシェパードが語り手です。
良かったらどうぞ~。

2007 10/11 rachels 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-320.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/320-3da83fd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。