もみじの本屋 『秘密。 私と私のあいだの十二話』

『秘密。 私と私のあいだの十二話』

秘密。『秘密。 私と私のあいだの十二話』 (メディアファクトリー)
編:ダ・ヴィンチ編集部
著:著:森絵都、小川洋子、北村薫、伊坂幸太郎(他)

レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編12編。
(中略)
出来事や出会いが立場の違い、状況の違いでどう受けとめられるのか、言葉と言葉の裏にあるものが描かれた不思議な一冊。(裏表紙より)

A、B合わせて7,8ページ、一方だけだと3,4ページと、一般的な短編よりもずっと短く、気軽に読むことができる。そしてこの短いページ数の中でもしっかりと12人の作家の色が見られる。

それぞれの作品についてじっくり書きたいところだが、短いだけにすぐにネタばれしてしまいそうなので、気に入ったものの中のいくつかについて一言だけ書かせてもらうことにする。

森絵都の作品はバーで会う男女のやりとりとその背景にシンプルにうまいと思わせられた。
亡くなった伯母に対する甥の心情が伝わってくようだった小川洋子の作品には、彼女らしい静けさ穏やかさ漂っていた。
堀江敏幸の作品は、黒電話という物そのものに懐かしさを感じながらも、さらにその文章に郷愁を誘われじわりじわりと染入ってくるものがあった。

それぞれの話の前にはモノクロームの写真が一枚ついており、それがまた静かにその一編を物語っていていい。お気に入りは「別荘地の犬」で使われている水入れ?と滑り台の犬の2枚と「怪奇毒吐き女」で使われている右端に制服がすこし見えている1枚。なんだかすごく引きつけられてしまった。

また作家のサインが載っているのもおもしろい。この人はこういうサインをするのかとか、こんな字をかくのか、なんて思いながら眺めていると、なんだか著者がすこしだけ身近に感じられてくる。


(収録作品)
「ご不在票―OUT-SIDE―」/「ご不在票―IN-SIDE―」 吉田修一
「彼女の彼の特別な日」/「彼の彼女の特別な日」 森絵都
「ニラタマA」/「ニラタマB」 佐藤正午
「震度四の秘密――男」/「震度四の秘密――女」 有栖川有栖
「電話アーティストの甥」/「電話アーティストの恋人」 小川洋子
「別荘地の犬 A-side」/「別荘地の犬 B-side」 篠田節子
「< ユキ >」/「< ヒロコ >」 唯川恵
「黒電話――A」/「黒電話――B」 堀江敏幸
「百合子姫」/「怪奇毒吐き女」 北村薫
「ライフ システムエンジニア編」/「ライフ ミッドフィルダー編」 伊坂幸太郎
「お江戸に咲いた灼熱の花」/「ダーリンは演技派」 三浦しをん
「監視者/私」/「被監視者/僕」 阿部和重


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(関連書籍)
君へ。『君へ。 つたえたい気持ち三十七話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:北方謙三、田口ランディ、石田衣良、川上弘美(他)

ありがと。『ありがと。 あのころの宝もの十二話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
狗飼恭子、加納朋子、三浦しをん(他)
→ レビュー


嘘つき。『嘘つき。 やさしい嘘十話』
編:ダ・ヴィンチ編集部 (メディアファクトリー)
著:西加奈子、豊島ミホ、井上荒野(他)
関連記事




●共著/その他 トラックバック:1 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-324.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/324-4cb2c969

ダ・ヴィンチ編集部「秘密。」

 ソロモン王の指輪で、動物の声が聞こえるように、人の心の声の聞こえるアイテムがあればいいのに……と考えないでもないが、そうまで人の心の内側が見えてしまったら、ろくなことにはならないのは、まあ目に見えている。  特に小心者な自分は、傷だらけにしかな....

2008年03月29日 日々のんぽり