もみじの本屋 『おばけものがたり』

『おばけものがたり』

おばけものがたり『おばけものがたり』立原えりかのファンタジーランド2 (青土社)
著:立原えりか

大きな湖の底に住んでいるタムタムおばけ。足の長さが3メートルもあり、あたまにはつの一本がある。だけど、気は弱いほうだった。

おばけたちはとても心やさしく、人間と仲良くしたいと思っている。
だけど、人間が勝手に怖がったり、悪さをするものと思っていたり、また見世物にしようとして捕まえたりするのだ。
それに危険を感じたおばけたちは、ある日、おばけのくにを解散して、みんなばらばらになって人間の目につかないところで暮らすことにした。そんなわけでタムタムおばけは湖の底に住んでいた。

解散式の時に、おばけたちは再会を誓いあって悲しい別れをした。タムタムおばけも、いつか一緒に暮らそうと約束をしてとっても仲のよかったジムジムおばけとも別れたままなのだ。

ある日、湖のお化けを捕まえたら100万円をくれるという立て札が立った。そして人間たちがシュークリームを餌にしてお化けを釣ろうとしはじめる。
そんなことで本当にタムタムおばけが釣れるわけはないのだけど、タムタムおばけは湖の底に沈んできたおいしいシュークリームを集めて、ジムジムおばけのところに会いに行く。
そして二人だけで暮らすために海にでる。

ほかにもタムタムおばけとジムジムおばけの友達のコチコチおばけとカチカチおばけやロムロムおばけとリムリムおばけなど、いろいろな心やさしいおばけが登場する。

人間は騙したり、乱暴したりする存在として描かれているがそのとおりなのだろう。
ときどき、ロムロムおばけやリムリムおばけが出会ったような心やさしい人間もいるのだろうけど。
このあたりの描かれ方は著者の皮肉がたっぷりで、いっそ愉快である。
とくに結末は、思わず苦笑いしてしまった。

講談社青い鳥文庫でも出版されたが(絶版)、こちらはやなせたかしの挿絵があるそうだ。


amazonで見るbk1で見る

「立原えりかのファンタジーランド」全16巻
1.『どこにもない動物園』 (レビュー
2.『おばけものがたり』
3.『空にもらった首飾り』
4.『いとしい人への花束』
5.『妖精たち』
6.『喰人鬼の噴水』
7.『風をよびとめて』
8.『小さな人の寸法は?』
9.『扉の向こうへ』
10.『つばさのおくりもの』
11.『おいでよ 海に』
12.『おわらない祭り』
13.『ゆめのひとつぶ』
14.『手品のたねあかし』
15.『ほんものの魔法』
16.『おさないともだちに』
関連記事




  立原えりか トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-330.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/330-b084fcfe