もみじの本屋 『龍宮』

『龍宮』

ryuuguu『龍宮』 (文春文庫)
著:川上弘美

人と、人にあらざる聖なる異類との交情を、説話的な要素と日常のリアリティを融合させて描いた玉手箱のごとき8つの幻想譚。(裏表紙より)

現実と非現実のあいだを揺らぎ、そしてそれらが絶妙に溶けあった、曖昧で現実的な世界が描写される。読んでいると、そんな奇妙で怪しい世界がだんだんと心地よくなってくる。

そんな世界をつくりあげている要素の一つは、読者に時間や空間をつかませない描写ではないだろうか。むかしむかしの話なのか、現代なのか、それとも未来なのか。はたまたまったく別の次元の話なのか。

たとえば表題作の「龍宮」では、時折意味のわからぬことを口走り、教祖と崇められたり漁村で獣のような生活をしたりしていた14歳のような容姿の曾祖母イト。一方で曾孫である私はイトのために、冷蔵庫のチルド室にあった豚のロースがでカツレツをつくる。このように昔と今を行ったり来たりするなかで、読者は曖昧な世界へと引きずり込まれていく。

このイトのような人間にあらざるものの存在は不気味さ、神聖さも感じさせる。そして、それが現実的な描写のなかで独特な浮遊感もたせているのである。

本書全体の雰囲気としては、独特の奇妙な話にまるで夢の中にいるような間隔の中、寂しさや孤独といったものがにじみ出ているようである。

うまく紹介できないのだが本書を読むということは、タイトルに掛けると、竜宮城に行って蛸やヒラメの舞を見るようなものなのかもしれない。そして、その怪しい世界を堪能し、読み終えると現実へと戻ってこれる。その世界の心地よさに惹かれ、あまり深入りすると浦島太郎のようにもとの自分の知る現実にもどってこれなくなってしまうのだろうか。

(収録作品)
北斎
龍宮
狐塚
荒神
鼹鼠

島崎
海馬


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る
関連記事




  川上弘美 トラックバック:0 コメント:1
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

こんにちは!
綺麗なブログですね☆
ブログランキングもポチしときました♪

あと、今takaもブログランキングやってるんで
応援して貰えるとうれしいですо(ж>▽<)y ☆

また遊びに来ますね♪
これからもよろしくです!

2009 02/03 taka 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-336.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/336-6c8af427