もみじの本屋 『屋久島ジュウソウ』

『屋久島ジュウソウ』

屋久島ジュウソウ『屋久島ジュウソウ』 (集英社)
著:森絵都

森絵都の紀行文。大きく「屋久島ジュウソウ」と「slight sight-seeing」に分かれている。

「屋久島ジュウソウ」は著者とデザイナーの池田さんと3人の編集者にガイド細田さんを加えた6人が屋久島をめぐり、登山する旅日記。
基本的に、淡々と出来事や食べたものなどが綴られており、読み手はその出来事を想像しながら著者とともに登山をしたり森のにおいをかいだりするのだ。

「slight sight-seeing」では14の短い旅の話が書かれており、こちらは著者の想いや旅の楽しみ、嘆き、怒りなどがメインに描かれている。
旅で感じるなんとも言えない感情、雰囲気などを味わうことができた。
「アフリカの南のほう」での船の上から流れる風景の描写と著者やその友人が感じていたことなどは、なんだか懐かしい感覚さえした。
しかし、それは自分が似た体験をしていたということに基づくので、読む人によって感想はまたまったく違ったものになるだろう。

紀行文は、読んでいるとその場所に行ってみたくなる。文章に書かれていたものに実際に触れてみたくなる。においをかいで見たくなる。食べ物を味わってみたくなる。旅好きの人が紀行文を読むとみんなそんなことを思うのではないだろうか。

ところで、この本で一番笑ったのは、あとがきの「本当に懲りない人たちだな」という箇所。思わず声をあげて笑ってしまった。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る

関連記事




  森絵都 トラックバック:1 コメント:3
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

コメント

>藍色さん
返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
またこちらからもトラックバックさせていただきますね。

2009 08/26 大葉もみじ 編集


先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2009 06/19 藍色 編集


明けましておめでとうございます。

blog拝見しました。

お暇があったらこちらにも足を運んでいただけると嬉しいです。

http://sabotendon.blog84.fc2.com/

2008 01/04 仙人掌ダー 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-339.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/339-33e88a9e

屋久島ジュウソウ 森絵都

ゆるゆる・和気藹々・のんびり楽しいグループ旅行のつもりが… まるごと旅エッセイ。 待っていたのは九州最高峰への登山。 運動不足の一行...

2009年06月19日 粋な提案