もみじの本屋 『十五歳の夏』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『十五歳の夏』

十五歳の夏『十五歳の夏』 (文芸社)
著:方村美博

帯に「“恋に癒される”なんて、知らなかった……」と書いてあり、「十五歳の夏」というタイトルの割に実は大人のストーリーとドキドキしながら(という年でもないが)本を開いたら、十五歳の瑞々しくて甘酸っぱい世界が広がっていた。

ママとパパが離婚問題でもめている間、おばあちゃんの家で過ごすことになった伊摘。
そんな伊摘は田舎でケンという少年と出会う。

離婚というテーマも扱っているが、全体としては重くもなく暗くもなく、少女の視点でとても軽やかにいっそ清々しく描かれている。
離婚以上に少女の田舎での体験(成長?)がメインテーマだと思うのだが、その点では欲を言えばもう少し少女の成長が徐々に、だがはっきりとみられるとよかったと思う。

百十数ページで字も大きくとても読みやすい。おそらくたいていの人は1時間もあれば読み終わる程度の文章量ではないだろうか。もちろん起承転結はきちんとしており、とてもテンポ良く読み進めることができる。人によっては物足りなさを感じるかもしれないが、短編という感覚だろうか。

児童文学を読んだような感覚であったが、タイトルが「十五歳の…」とあるので、著者も中学生くらいの年代の人をターゲットに考えているのかもしれない。たしかに内容だけでなく読みやすさも含めその年代(小学生高学年から中学生)に特に勧めたい作品である。

処女作ということで、たしかに書き込みが甘いなと思う点もあったが、これからの活躍に期待したい。


関連記事




●ハ行の作家 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-373.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/373-26bf8341

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。