もみじの本屋 『クドリャフカの順番』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『クドリャフカの順番』

クドリャフカの順番『クドリャフカの順番』 (角川文庫)
著:米澤穂信

いわゆる「古典部シリーズ」の3作目。古典部はある問題を抱えて文化祭を迎える。
手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。

話は文化祭前日からはじまり、古典部の部員それぞれが文化祭への思いを胸に前夜を過ごす。
部長の千反田えるは問題を乗り越えられるよう神に祈り、福部里志は文化祭そのものを楽しみにしつつも自分たちがその問題に対してどう動くのかが楽しみでなかなか寝付けず、折木奉太郎はネットをみたり姉とのやりとりをしながらも悲観も楽観もせずただ眠りにつく。そして神山高校文化祭に思い入れのある摩耶花は、自分の確認ミスで問題が起こったと腹をたて、また文化祭中は漫研が忙しく問題を抱えた古典部を手伝えないことに腹を立て、睡眠薬を口にする。
そして、文化祭が始まる。古典部は問題をうまく解決できるのか。

さらに古典部がそんな問題を抱えるなか、文化祭では盗難事件が起こる。
この事件はどう決着するのか。

前作までから引き続き古典部員たちの心情の変化にも注目したい。


amazonのレビューを見るbk1のレビューを見る



(関連書籍)
氷菓『氷菓』
著:米澤穂信 (角川文庫)

→ レビュー


愚者のエンドロール『愚者のエンドロール』
著:米澤穂信 (角川文庫)

→ レビュー


遠まわりする雛『遠まわりする雛』
著:米澤穂信 (角川文庫)

ふたりの距離の概算『ふたりの距離の概算』
著:米澤穂信 (角川書店)
関連記事




  米澤穂信 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-374.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/374-9ead55c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。