もみじの本屋 『さくらえび』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『さくらえび』

さくらえび『さくらえび』 (新潮文庫)
著:さくらももこ

さくらももこが編集長にして取材も文章も絵もさくらももこが書いた雑誌「富士山」のエッセイが収録されている一冊。

父ヒロシがからんでくる話はどれも秀逸。だが、さくらももこのエッセイとしては物足りなさを感じる。
おそらく雑誌では写真や絵が満載でとてもおもしろかったのであろうが、すこし挿絵はあるものの基本的に文字ばかりなのでそのおもしろさが伝わりにくく、歯切れの悪いものも多かった。また内輪ネタも多かったように思う。

個人的に印象的だった話は「あの日の奈良」、「ヒロシの挑戦 しまなみ街道」、「オーストラリアに行く」である。
「あの日の奈良」は読んでいてすこしほろりとくるものがあった。最後にオチがあって笑わせてくれるのかなと期待したのだが、それがなかったのが少し残念。
「ヒロシの挑戦 しまなみ街道」は読んでいて、讃岐うどんとウニ丼が食べたくなった。そして自転車の旅もしてみたくなった。
「オーストラリアに行く」は読んでいて、ヒロシの言動にかなり笑わせてもらった。

さくらももこのエッセイのなかではそれほどおすすめの一冊というわけではないが、「あの日の奈良」などはさくらももこファンなら知っておきたいエピソードのひとつであろうし、買って損というわけではないと思う。
ただし、雑誌「富士山」が手にはいるならそちらをおすすめするが……。


amazonのレビューを見るbk1のレビューを見る



(関連書籍)
またたび『またたび』
著:さくらももこ (新潮文庫)

雑誌「富士山」に収録されていた取材ものの紀行文がメインにまとめられたエッセイ。

関連記事




  さくらももこ トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | エッセイ

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-376.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/376-84dc0af6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。