もみじの本屋 『ペンキや』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『ペンキや』

ペンキや『ペンキや』 - 絵本 -
文:梨木香歩 絵:出久根育 (理論社)

しんやというペンキやの話。
ペンキ塗りはお客の注文の色をつくり出さなければならない。
それがけっこうむずかしい。

しんやのお父さんもペンキやだった。
お父さんはしんやが生まれる前にフランスに渡り、しんやと一度も会うことなくフランスで亡くなった。
お母さんが言うには、フランスの芝生の綺麗な公園の中にあって「不世出のペンキや ここに眠る」と書いてあるのだそう。

しんやはお父さんの墓をたずねに行きたくなり船に乗り込む。
そこでユトリロの白で船を塗ってくれと頼まれる。

ユトリロの白……喜びや悲しみ 浮き浮きした気持ちや 寂しい気持ち 怒りやあきらめ みんな入ったユトリロの白 世の中の濁りも美しさもはかなさも

絵も文も静けさや物悲しさを運んできてくれ、心穏やかな気持ちにしてくれる。
読み返すたびに、すとんとはまり込むような、心に馴染む絵本だった。


amazonのレビューを見るbk1のレビューを見る
関連記事




  梨木香歩 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 絵本

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-383.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/383-7bfa6380

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。