もみじの本屋 『七人の敵がいる』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『七人の敵がいる』

七人の敵がいる
『七人の敵がいる』 (集英社文庫)
著:加納朋子

主人公の陽子は働きながら子育てもこなす兼業主婦(ワーキングママ)である。
彼女の男勝りで思ったことは物怖じせず言ってしまう性格から、ついつい周りに敵をつくってしまう。
そんな彼女は息子の陽介の小学校入学によって、PTAや学童などの活動、言ってしまえばお金ももらえないボランティアに時間を割かれ、奮闘することになる。

PTAだとか学童だとかなんだかややこしいテーマを書いたんだなと思いつつ、加納朋子のファンとしてはそれをどう料理したのか楽しみに読んだ。
加納朋子の作品にしてはラストが強引かなと思わなくもないが、こういった痛快な小説の形をとりながらも、世に一石を投じたかったのだろうなと感じ、これはこれで加納朋子らしいのだろう。

あと加納朋子の作品に出てくるだいたいの子供たちがそうであるように、この作品の子供たちもとても素直で、それが日だまりの様でなんだか嬉しくなってしまう。





(関連書籍)
tukinosabakuwosabasabato『レインレイン・ボウ』
著:加納朋子 (集英社文庫)

→ レビュー



tukinosabakuwosabasabato『我ら荒野の七重奏』
著:加納朋子 (集英社)

→ レビュー






関連記事




  加納朋子 トラックバック:1 コメント:2
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメント

>藍色さん
コメントとトラックバックありがとうございます。
この作品も著者の体験談を交えつつ書いてあるそうですが、昨年発表された本も著者の闘病生活を描いたもの、それをもとにしたと思われる作品があります。
それだけにリアルに読む人に訴えかける大きな力がありますよね。

2015 04/21 大葉もみじ 編集


かなり面白かったです。
恋愛ものでなくとも、こういう作品こそ、大人の女性に向けたものだと思います。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2013 02/05 藍色 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-386.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/386-1c717a3a

「七人の敵がいる」加納朋子

PTA、学童、教師、夫に姑、我が子まで。上司より、取引先より手強いモンスターが次から次へと現れる!?困惑、当惑、そして笑いと涙の痛快PTAエンターテインメント!ワーキングママ、専業...

2013年02月05日 粋な提案

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。