もみじの本屋 『少年少女飛行倶楽部』

『少年少女飛行倶楽部』

少年少女飛行倶楽部『少年少女飛行倶楽部b』 (文春文庫)
著:加納朋子 


中学一年生の海月(みづき)は幼馴染の樹絵里(じゅえり)に誘われて「飛行クラブ」に入部する。メンバーは二年生の変人部長・神(じん)ことカミサマ、野球部兼部の海星、不登校で高所平気症のるなるな、運動神経はないけど気は優しい球児。果たして彼らは空に舞い上がれるか!? 友情、家族愛、恋、冒険―全てがつまった傑作青春小説。(裏表紙より)

このあらすじからもわかるように、個性的でおもしろい登場人物たち。その彼ら彼女らが成長していくさまは読んでいて心地よい。

飛行クラブの活動の目的は「空を飛ぶこと」この一点であり、部長であるカミサマの目的でもある。そんな変な目的の部に、いろいろな目的や思いであつまった部員たち。彼らは空を飛ぶことができるのか?そもそも部長以外は本気で空を飛びたいのか?

まっすぐな青春小説で、また主人公たちを考えると中学生に読んでほしいと思う作品である。
もう一度書くが本作は青春小説である。なので、加納朋子の代名詞ともいえる日常の謎は基本的には含まれていないのでご注意を。




関連記事




  加納朋子 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-400.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/400-7d0b7d3a