もみじの本屋 『チーズはどこへ消えた?』

『チーズはどこへ消えた?』

チーズはどこへ消えた?『チーズはどこへ消えた? Who Moved My Cheese ?』 (扶桑社)

著:スペンサー・ジョンソン(Spencer Johnson, M.D.) 
訳:門田美鈴


この物語に登場するのは―

  ネズミのスニッフとスカリー、
  小人のヘムとホー。

2匹と2人は「迷路」のなかに住み、
「チーズ」を探します。

「チーズ」とは、
私たちが人生で求めるもの、
つまり、仕事、家族、財産、健康、
精神的な安定……等々の象徴。

「迷路」とは、
チーズを追いもとめる場所、
つまり、社会、地域社会、家庭
……等々の象徴です。

(以下略)

            (そで より引用)


ネズミは単純さの象徴であり、スニッフはいち早くチャンスをかぎつけ、スカリーはすぐに行動を起こす。
小人は複雑さの象徴で、ヘムはいっそう事態が悪化しないかと憂慮し、ホーはもっといいことがあるに違いないと未来を信じる。

全体を通してのテーマは変化があったときに、その変化に対して憂慮したり深く考え込まないで、その変化に応じた行動をするべきだということ。
変化=悪いことではなく、変化=チャンスだととらえるべきだということである。

たしかに変化が起きたときに、それに対応せずにいると悪い方向へいくことも多いだろう。
またその変化をマイナスにとらえず、チャンスとしてとらえるプラス思考は、なにか物事を成すときに重要な思考の一つだと思う。

ただ、積極的に変化に対応していく姿勢は、個人的には安定をますます壊す恐れもあると考えてしまう。
こういう考えはヘム的であり、本書のなかでは否定的に扱われているが……。
変化への対応の仕方次第で、事態は悪化していくこともあるだろう。
その変化をどこまで視野を広げて見られるかということにかかってくるように思う。

『バターはどこへ溶けた?』を先に読んでいるためか、残念ながら全体的に共感できる部分が少なかった。
こちらを先に読んでいれば、また違った感想だったかもしれないが、どちらかというと『バターはどこへ溶けた?』の方が共感する箇所が多かった。

とはいえ、いま変化のただなかにいる人(職を失ったり、家族が増えたり、なにかトラブルを抱えていたり)には、思考を切り替える機会になるかもしれない一冊だと思うので、気軽に読める内容だけに一度読んでみてはいかがだろうか。



(関連書籍)
バターはどこへ溶けた?『バターはどこへ溶けた?』
著:ディーン・リップルウッド (道出版)

→ レビュー



『チーズはどこへ消えた?』『バターはどこへ溶けた?』どちらがよい本か?『チーズはどこへ消えた?』『バターはどこへ溶けた?』どちらがよい本か?
著:ダリオ・マリネッティ (データハウス)

関連記事




●外国人作家 トラックバック:1 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | ブックレビュー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-406.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/406-684f0a75

-

管理人の承認後に表示されます

2016年11月19日