もみじの本屋 『ツキを呼ぶ魔法の言葉』

『ツキを呼ぶ魔法の言葉』

ツキを呼ぶ魔法の言葉
『ツキを呼ぶ魔法の言葉  魔法使いのプレゼント』 - 絵本 -
原話:五日市剛 文:ほしのひかり 絵:古山拓 (マキノ出版)


いつも、不満や文句をいい、平気で人の心を傷つけてばかりいるツヨシが、アジアのずっと西にある国を旅する物語だ。
しかし、ツヨシが行った年は数十年に一度の大寒波で、しかも空港で財布を無くしてしまう。

安宿を転々としていたツヨシだが、ある町で「よかったら私の家にきませんか」とおばあさんに声をかけられる。
魔女のように怪しいおばあさん、怖くなって断るのだが……。

これさえ言えばだれでもツキっぱなしになる魔法の言葉。
読むとすぐにでも使えるその言葉。
ただ、使い方が少し変わっている。
読むと思わず今日からでも実践してみたくなってくる。

内容はシンプルだし、絵本なのでもちろん子どもが楽しめるような絵や文であるが、大人も十分に楽しめる内容だと思う。

この物語は、五日市剛のイスラエルでの体験がもとになっているそうで、『ツキを呼ぶ魔法の言葉・講演筆録』という小冊子は多くの人に読まれているらしい。


(関連書籍)
ツキを呼ぶ魔法の言葉『ツキを呼ぶ魔法の言葉  不良少女の家庭教』 - 絵本 -
原話:五日市剛 文:ほしのひかり 絵:古山拓 (マキノ出版)



関連記事




●ア行の作家 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 絵本

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-407.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/407-b03adb88