もみじの本屋 『日曜は憧れの国』

『日曜は憧れの国』

叫びと祈り
『日曜は憧れの国』 (創元推理文庫)
著:円居挽(まどいばん)


学校も性格も全然違う中学生の女の子たち4人が、四谷のカルチャーセンターの料理教室で偶然同じ班に。
バラバラな4人だが、互いに自分にないものをもつ者同士どこか引かれあう。
そんな4人がカルチャーセンターで遭遇する出来事の謎解きをしていく。

推理小説であり青春小説でもあるが、雰囲気的にはラノベチック(というと語弊があるかもしれないが)であり、どちらも少々軽い印象をうけた。
単純に4人の成長には好感が持て、肩の力を抜いて安心して先を読み進めることができる。

個人的には好みの内容でありとても楽しく読むことができたが、濃い内容を求める人にはおそらく物足りないだろう。

また、ラストがいささかあっさりしすぎているとは感じた。
これはもしかすると著者が続きを書くことも考えていて、わざとこういう終わり方にしたのかもしれないが。


関連記事




  円居挽 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 青春小説

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-409.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/409-fdd98823