もみじの本屋 『さよなら妖精』

『さよなら妖精』

さよなら妖精
『さよなら妖精』 (東京創元社)
著:米澤穂信


学校の帰り道、雨宿りをする外国人の少女と出会う。
ユーゴスラビアから来たという彼女とすごした日々を日記を追うという形で回想する。

彼女や友人らと過ごす中で出てくる日常の謎がちりばめられている。
そして物語全体を通して投げかけられる大きな謎を描いたミステリ小説。
また彼ら、彼女らの成長を描いた青春小説でもある。
古典部シリーズに通じる青臭さがありつつも、ちょっとドライなストーリー。

新装版ということで書き下ろし短編の「花冠の日」も収録されている。
マーヤの話であり、これが加わることでより物語の切なさが増す。





関連記事




  米澤穂信 トラックバック:0 コメント:0
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-422.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/422-97a27bd7