もみじの本屋 『空飛ぶ馬』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『空飛ぶ馬』

空飛ぶ馬『空飛ぶ馬』 (創元推理文庫)
著:北村薫

日常の謎を取り扱いとてもさわやかなで、一般的な推理小説とくらべ異色な作品である。

そして読んでいると、誰しもがどこかしら「私」に共感できる。「私」は誰でもするような、また誰もしないような経験をつんで成長していく。それが読んでいる人をどこか懐かしく、そして嬉しく感じさせるのではないだろうか。

噺家、春桜亭円紫師匠もいい味をだしている。この本を読んだ人ならば、こんな人がいたら絶対知り合いになってみたいと思うに違いない。

内容は「私」がであう謎を、円紫師匠が解き明かすといった形ですすんでいく。
推理小説ではあるが、普通の小説の感覚で読んでもとても面白い。

個人的には読むときのBGMとして、ノラ・ジョーンズの「feel like home」をずっと聞いていた。


amazonで見るbk1で見る7&Yで見る楽天booksで見る


(シリーズ)
『夜の蝉』 北村薫 (創元推理文庫)
『秋の花』 北村薫 (創元推理文庫)
『六の宮の姫君』 北村薫 (創元推理文庫)
『朝霧』 北村薫 (創元推理文庫)
関連記事




  北村薫 トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-5.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/5-8bcef063

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。