もみじの本屋 『月曜日の水玉模様』

『月曜日の水玉模様』

月曜日の水玉模様『月曜日の水玉模様』 (集英社文庫)
著:加納朋子

主人公の片桐陶子は丸の内に務めるOLだけど、観察力があって、頭もよくて、ちょっぴりおっちょこちょい。そんな彼女を、最近、リサーチ会社の調査員になったお人好しの萩広海がやんわりサポート。
祖母に育てられた陶子、ところどころに散りばめられる彼女の母親の記憶は読んでいると、こちらがせつなくなってくる。そして「土曜日の嫁菜寿司」の話をより一層ひきたてている。
タイトルにまで遊び心があるところも、さすが加納朋子だ。

(TBさせてもらったblog)
→ 月曜日の水玉模様 (備忘録)



(関連書籍)
レインレイン・ボウ『レインレイン・ボウ』 加納朋子 (集英社)
関連記事




  加納朋子 トラックバック:2 コメント:2
コミュニティ( 本・雑誌 | 推理小説・ミステリー

コメント

littleappleさん、こんばんは。
TB、こちらこそありがとうございます。

たしかに、この後の二人、気になりますね。
でも二人のやりとりなんかはずっと変わらないような気がします。
推理も感心したのですが、それよりも二人の記憶力の良さにとても感心させられました。
すごいですよね。

> 目次の謎…。
ヒントは、四字熟語に注目です。
このヒントでも解けなければ、次のヒントは下に白字で書いておきますね。範囲選択で読んでみてください。

四字熟語をひらがなにして並べてみてください。

2006 02/16 大葉 もみじ 編集


もみじさん、こんばんわ~
いつも事後報告になってしまって。
まずは、TB&コメントありがとうございました
いつもながらTBさせていただきますので、あわせてよろしくお願いします
(o*。_。)oペコッ

それにしてもこの本、面白かったです。
ここ数日慌ただしくてレビューが後になってしまったのだけど、
安心して楽しむことができたように思います。
その後の二人がすご~~~~く気になるのだけど(笑)

そうそう。
目次の謎…。
結局、解けなかったんですよ~。
あのコメントをいただいてから、注視してみたのですが
結局、わからないじまい。
( ̄へ ̄|||) ウーム

もみじさん、どうして解けちゃうの???(笑)って。
でも、もう少し頑張ってみたいと思います。
あ、でも、ヒントもらえたら嬉しいです(笑)

2006 02/14 littelapple 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-87.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/87-36735e36

月曜日の水玉模様 / 加納朋子

月曜日の水玉模様 (集英社文庫)(2001/10)加納 朋子商品詳細を見る OLの陶子は毎朝満員の小田急線に乗って通勤している。いつもの席に座っているサ...

2008年12月18日 くまくまの読書日記

月曜日の水玉模様

ミステリなのに怖くないミステリなのにあたたかいミステリなのにほのぼのとした読了感日常生活に起こる謎を鮮やかに切り取る、加納朋子さんの作品のことである。「月曜日の水

2006年02月14日 備 忘 録