もみじの本屋 『ブランコのむこうで』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『ブランコのむこうで』

ブランコのむこうで『ブランコのむこうで』 (新潮文庫)
著:星新一

著者の色のでた素敵な(そんなに長くない)長編SFファンタジー。第一文の
「その日は朝おきた時から、なにかが起こりそうな感じがしていた。」
からすでに、「なにか起きるんだな、なにが起きるんだろう」という思いで物語に引き込まれた。
その日、‘もうひとりのぼく'と出会う。そしてある場所を旅していくことになる。

すこし古い作品なので言い回しなど気になる人もいるかもしれないが、著者の本を何冊か読んだことのあるひとならそれほど問題はないだろう。
童話のような感覚でさくさく読み進めていけるが、ところどころに考えさせられる内容も散りばめられており、なかなか奥が深い。
個人的に印象に残っている話は「ほほえみ」と「道」。「ほほえみ」は好みの雰囲気の話で面白かった。「道」は今の自分と重ね合わせる部分があったので。
ショートショートが好きな星新一ファンの人も、ショートショートはちょっと苦手だけど星新一の本を読んでみたいという人にもおすすめの一冊である。
関連記事




  星新一 トラックバック:1 コメント:5
コミュニティ( 本・雑誌 | ファンタジー小説

コメント

いやいやw大葉さんのほうがたくさん知ってると思いますよw

「西の魔女が死んだ」ってとても面白いと聞きました♪
こんど読みたいです(´・ω・`)
バッテリーは3冊ありますが楽に読み終わっちゃいますよw
本の世界に引きずり込まれますw

また来ますね~ここの情報はとても役立ちますw
これからも更新頑張って下さい( ^ー゜)b

2005 08/29 (´∀`*リンゴヒメo 編集


『図書館の海』ですか、タイトルに惹かれてしまいます。今度探してみますね。
『バッテリー』は、もうすこし人気が落ちてから読んでみようかと思っています。『エンジェル・エンジェル・エンジェル』はちょうどいま手元にあって、そのうち読んでみるつもりです。
梨木さんの本は近々『西の魔女が死んだ』のレビューを書くつもりなので、また読みに来てくださいね。

いろいろ、情報ありがとうございます。またこの本面白いよとか、おしえてくださいねU´ω`U

2005 08/28 大葉 もみじ 編集


そうなんですかw
知らなかったです・・・
こんど読んでみますね☆

そうですか~。
「夜のピクニック」面白いですよ!←読書感想文書い

あと、「図書館の海」っていうのも面白いです。
これは短編集です。ここに「夜のピクニック」の前書きが載ってるんですよw

あと、あさのあつこさんの「バッテリー」と、
梨木果歩さんの「エンジェル・エンジェル・エンジェル」もかなりおすすめです。
長くなりました;すみません(。-人-。)
ではまた~ノシ

2005 08/28 (´∀`*リンゴヒメo 編集


はじめまして!こちらこそ訪問ありがとうございます♪
星新一さんはショート・ショートでとても有名な方ですよ。『ブランコのむこうで』はショート・ショートではないんですけどね。他の作品では風刺が聞いていたりして、それもまた面白いですよ。
恩田陸さんの本は読んだことがないです。『夜のピクニック』を一回読んでみたいなぁって思ってるんですけどねぇ。また、読んでみますね♪

2005 08/28 大葉 もみじ 編集


ブログへの訪問ありがとうございますw

本好きなんですね~私も良く読みますよww
この「ブランコのむこうで」っていう本は
表紙も可愛いし、ちょっと興味持ちました(・∀・)
でも著者の名前は初めて聞きました…
恩田 陸さんの作品、結構おすすめですよww
読んでみてください♪

2005 08/27 (´∀`*リンゴヒメo 編集


コメントの投稿






管理者にだけ公開する

トラックバック

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/?overture" target="_new

記事のURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/blog-entry-92.html

トラックバックURL
http://momijibook.blog5.fc2.com/tb.php/92-18da401b

ブランコのむこうで

2005年11月05日 マシュマロのおいしい書斎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。